相互RSS


【終演】杉山清貴&オメガトライブ「また会いましょう」

に決めたという。「オメガトライブ」とは、「オメガ」(Ω, ω)=ギリシャアルファベットの最後の文字(「最後」を意味する)と、「トライブ」=民族を合わせて、「最終民族」という意味がある。詳細は後述。 杉山清貴&オメガトライブのメンバーは、後日「”オメガトライブ
42キロバイト (2,837 語) – 2019年4月30日 (火) 03:52

(出典 img.aucfree.com)

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/06(月) 00:26:30.72 ID:dRjB4+VZ9.net

1983年(昭58)にデビューし、85年に解散した伝説のロックバンド杉山清貴&オメガトライブが5日、東京・日比谷野外音楽堂でライブを行い、昨年、再結集して行ってきた活動に一区切りさせた。
80年代の音楽シーンを疾風のごとく駆け抜けたカリスマが、昭和、平成を経て令和の時代もライブでファンを魅了した。

同バンドは、昨年の5月5日、同所でデビュー35周年を記念し、14年ぶりとなるライブを開催。
この日のライブは、今年2~4月まで「Last Live Tour」と題した全国ツアーを行っていたが、これまでに参加できなかったファンのために追加で開催。ツアーの「ラストライブ」となった。

「自分の原点はこのメンバー」というオリジナルメンバーらと掛け合ったボーカル杉山清貴(59)は、「あの頃とは見かけは変わりましたけど、気持ちは何も変わってなかったと再確認できた」と1年間の活動を振り返った。
そして、「また、ひとつ、メンバーの新しい時代が始まるような気がします」と、しみじみ語った。

この日は、約3000人のファンを前に懐かしいヒット曲「ふたりの夏物語」など23曲を披露した。
公演終盤、「SUMMER SUSPICION」を歌った際には、「我々がデビューしたのは83年。元号が変わりました。
令和になって最初のライブがオメガトライブのライブとなりました。83年にデビューして2年8カ月という短い活動期間でしたが、忘れられないのが、この曲です」と紹介すると大歓声を受けた。

また、アンコールでは「これで(活動の)区切りを迎えますが、みなさんの次のスケジュール帳は、いつから始まるでしょう」と再集結をにおわせ、「また、会いましょう!」とファンらにメッセージを送り終演となった。

http://news.livedoor.com/article/detail/16415716/
2019年5月5日 23時22分 日刊スポーツ


(出典 image.news.livedoor.com)

(出典 Youtube)

Super Chance

//www.instagram.com/embed.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト
//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch