相互RSS


【悲惨な現実】少子化の実態がヤバイ!!!!!

自立できない孫を育てた70代女性の後悔 – PRESIDENT Online
老親が孫に浪費名古屋市内で貸しビル業を営んでいるA子さんのもとに、10年ほど前、離婚した一人娘が3人の子供を連れて戻ってきました。娘…
(出典:PRESIDENT Online)
少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈にもよる。
62キロバイト (9,361 語) – 2019年4月7日 (日) 02:41

(出典 2.bp.blogspot.com)
マジで日本滅びる!!

1 記憶たどり。 ★ :2019/05/04(土) 17:08:17.56

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011905441000.html

5日は「こどもの日」です。日本の子どもの数は1533万人で、38年連続で減少して過去最少を更新し、
少子化に歯止めがかからない状態が続いています。

総務省の推計によりますと、先月1日現在の日本の15歳未満の子どもの数は、男子が785万人、
女子が748万人の合わせて1533万人となっています。

これは、これまでで最も少なかった去年よりも18万人減って過去最少を更新し、昭和57年から
38年連続の減少となりました。

平成元年に2320万人だった子どもの数は平成のおよそ30年の間に800万人近く減りました。

総人口に占める子どもの割合も去年と比べて0.2ポイント下がって12.1%で、昭和50年から
45年連続の低下となり過去最低を更新していて、少子化に歯止めがかからない状態が続いています。

一方、去年10月1日現在の子どもの数を都道府県別に見ますと、前の年よりも増えたのは東京都だけでした。

沖縄県は前の年と変わらず、ほかの45の道府県はいずれも減少しました。

子どもの割合が最も高かったのは沖縄県で17%、次いで滋賀県が14%、佐賀県が13.6%などとなっていて、
逆に最も低かったのは秋田県で10%でした。

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!