相互RSS


陸自の地対艦ミサイル射程、2倍へ改良 尖閣・宮古で対中抑止

元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556503097/

1:■忍法帖【Lv=8,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:平成31年 04/29(月)10:58:17 ID:???

2019.4.29 05:00

 防衛省は、南西地域に配備する陸上自衛隊の地対艦誘導ミサイル(SSM)を改良し、
射程を現在の約2倍に延伸する検討に入った。艦艇の能力増強を図る中国軍への対処能力と
抑止力を高める狙いがある。改良した同型のミサイルを海上自衛隊の哨戒機にも搭載し、
空対艦ミサイルとしても活用する。
複数の政府関係者が28日、明らかにした。

 射程を延伸するのは最新鋭の12式SSM。現在は射程200キロ程度だが、最大400キロ
程度にまで伸ばす。令和5(2023)年度に部隊配備する。

 陸自は、戦力の「空白地帯」とされる南西地域の防衛態勢強化を急いでいる。今年3月には
鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古島に駐屯地や分屯地を新設。奄美大島では南西地域で
初めて12式SSMが配備され、来年には宮古島にも導入される。駐屯地の新設が計画されて
いる沖縄県の石垣島でも配備される見通しだ。

 陸自は、離島侵攻に対し(1)洋上(2)海岸地域(3)内陸部-の3段階で対処する構え。
12式SSMは洋上で敵艦艇を撃破する役割を担う。ただ、中国海軍の艦艇は近代化が急速に
進み、搭載する巡航ミサイルなどの射程や精度も向上している。12式SSMの射程を延伸
することで、敵艦艇の脅威圏外から攻撃することが可能となる。

(以下略)

https://www.sankei.com/politics/news/190429/plt1904290004-n1.html

2:令和まで@36:47:45[]:平成31年 04/29(月)11:12:15 ID:snL.dd.pk

パヨクの暗躍でミサイルは持ち込めずって言う

3:令和まで@36:45:54[]:平成31年 04/29(月)11:14:06 ID:qU9.3v.xj

弾頭はコバルト爆弾にしようよ

4:ツチノコ狩り[]:平成31年 04/29(月)14:24:47 ID:fPr.sa.ni

間違ってモスクワあたりまで飛んでける性能をもつやつを作って下さい

11:令和まで@30:04:35[]:平成31年 04/29(月)17:55:25 ID:xYl.wv.xt

>>4
さしあたって潜水艦発射式で朝鮮半島が射程に入る奴で良いと思う。

5:令和まで@33:07:18[sage]:平成31年 04/29(月)14:52:42 ID:Ol4.sg.yz

某「不具合を解消してみました」

続きを読む

Source: 物見ニュース