相互RSS


【アメリカ】「ニンニクを女性器に詰め込むと膣内の炎症予防になる」?トンデモな民間治療の流行に婦人科医が警告

ニンニクを食べるとアルツハイマー予防になる? – Newsweekjapan
マウスでは、腸内細菌にはたらくニンニク成分を与えたら記憶能力も向上した>. ニンニクを摂取することにより、老年期における記憶障害の進行リスクが減る可能性が、 …
(出典:Newsweekjapan)

(出典 sakata-tsushin.com)
凄い発想、、、絶対、効果ないやろ?

1 ニライカナイφ ★ :2019/04/30(火) 06:34:35.75

◆ 「女性は下半身にニンニクをつめないで」婦人科医が警告を出すほどのムーブメントを生み出している模様

「女*にニンニクを数片入れておくと膣内の炎症予防になる」
昨今このトンデモ治療を行う女性が増えているのでしょう。
他の重大な病気に罹ってしまうリスクがある、と現職の婦人科医が警鐘を鳴らしています。

『カンジダ膣炎』と呼ばれる病気の予防策として、*の中にニンニクを入れる民間療法があります。
しかし米カリフォルニア在住の婦人科医ジェニファー・グンターさんは「迷信」だと一蹴。
「女*のなかにニンニクを入れてはいけない理由」を綴っています。

・ニンニクにはアリシンという成分が含まれていて、確かに“研究実験などにおいては”抗菌目的で使われることもある
・しかしニンニクには畑の土が付着している可能性がある
・土には危険な菌やバクテリアが多く潜んでおり、何かの拍子で人体に感染することがあれば、『カンジダ膣炎』よりももっと重篤な症状を引き起こしてしまう

そもそも*とは清潔に保たれているのが前提で、*の内部にいるバクテリアなどによって粘膜が守られています。
予防だからといって、やたらに抗菌・殺菌をしてしまっては逆に傷つけてしまい、他の感染症に発展する場合も。
ジェニファーさんは「効果があると考えているのであれば、恐らくプラシーボ効果ですね。他の理由でたまたま症状が出ていないだけです」と付け加えています。

ユルクヤル、外国人から見た世界 2019年04月28日
http://yurukuyaru.com/archives/79705402.html

(出典 livedoor.blogimg.jp)

続きを読む

Source: X線室