相互RSS


【損失】GPIFが年金株運用で約15兆円の赤字?検査院が異例の警鐘

公的年金運用のGPIF職員、部外者をタダ働きさせ処分 – 朝日新聞
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は25日、部外者に無償で情報収集業務を手伝わせたとして、管理職の職員を同日付で戒告処分とした。
(出典:朝日新聞)
年金積立金管理運用独立行政法人(ねんきんつみたてきんかんりうんようどくりつぎょうせいほうじん、英語: Government Pension Investment Fund, GPIF)は、厚生労働省所管の独立行政法人である。日本の公的年金のうち、厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っている(共済年金は対象外)。運用は契約型の投資信託によっている。
25キロバイト (2,803 語) – 2019年4月20日 (土) 07:24

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)
老後の暮らしに影響あんのか?

1 ガーディス ★ :2019/04/26(金) 22:55:56.06

会計検査院が24日、公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」のリスクの高い運用方法に対して異例の警鐘を鳴らした。

 GPIFは、アベノミクスの一環として2014年10月にポートフォリオの見直しを行い、国内株と外国株の比率をそれぞれ12%から25%に引き上げ、全体の50%にした。その結果、18年10~12月期に、四半期ベースで14兆8039億円もの赤字を記録。150兆円資産の約1割が吹っ飛んだ。

 会計検査院は14年以降、株式運用の割合が増加してリスクが上昇していると指摘し、所轄する厚生労働省やGPIFに対し、「国民への丁寧な説明が必要」との所見を示した。検査院は「年金は老後の生活設計の柱。積立金は国民から徴収した保険料の一部だ。
国民の利益のため安全、効率的に運用し、将来にわたって公的年金制度の安定に資することが強く求められる」と指摘。また一部の投資手法について、手数料などが詳細に開示されていないとして、収益などの透明性を確保するように求めた。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252652

続きを読む

Source: X線室