相互RSS


【列強主張】日本はアジアで植民地支配を許さなかった!その理由がやはりあの国の存在が関係していた!!!!

「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断(サライ.jp) – Yahoo!ニュース
サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお …
(出典:Yahoo!ニュース)
植民地(しょくみんち、殖民地とも)とは、国外に移住者が移り住み、当事国政府の支配下にある領土のことで統治領(とうちりょう)とも呼ばれる。 古代史にはフェニキアや古代ギリシアにも見られるが多くは植民元との関係は維持しつつ独立した体制となっており、侵略によって獲得した海外領土の類型は古代ローマに見られる
71キロバイト (10,391 語) – 2019年4月22日 (月) 23:28

(出典 www.sankei.com)
アメリカに助けられてたのね!

1 みなみ ★ :2019/04/28(日) 11:42:31.21

2019-04-24 22:12
http://news.searchina.net/id/1678181?page=1

欧州が大航海時代を迎えると、欧州各国は新しい大陸で植民地支配を行った。アジアにも欧州の手は伸び、たとえば、インドは英国によって植民地支配されたほか、インドネシアはオランダによって支配された。
日本はアジアで植民地支配されなかった数少ない国の1つだ。

 中国メディアの今日頭条は23日、欧州の国々は大航海時代から19世紀にかけて世界各国で植民地化を進め、アジアも西洋列強の植民地とされた国は多かったと伝える一方、
日本は最後まで国家主権を保ち続け、最終的には列強となった国であると主張し、日本はなぜ西洋列強の植民地にならなかったのかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、18世紀から19世紀にかけての日本と中国では置かれた状況に大きな違いがあると指摘しつつも、日中両国に共通していたのは「鎖国」を行っていたことだと指摘。
清王朝と同じく、徳川幕府も鎖国を行ってたが、当時の米国は英国が清王朝に行ったことと同じように、武力で日本を開国させようとしたと指摘。
この時の日本は半植民地化される危険に直面していた時期と強調する一方、当時の欧米諸国はまだ「貿易」に主眼を置いていたのは日本にとって幸いだったと指摘した。

以下ソースで読んで
★1 2019/04/27(土) 20:44:51.53
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556365491/
前スレ ★4 2019/04/28(日) 07:14:33.85
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556403273/

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!