相互RSS


【朗報】元NGT48山口真帆、ファンを泣かす・・・

NGT48(エヌジーティー フォーティーエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。AKB48グループを構成するグループのひとつである。運営会社および所属事務所はAKS。所属レーベルはアリオラジャパン(ソニー・ミュージックレーベルズ)。
200キロバイト (24,204 語) – 2019年4月27日 (土) 22:16

(出典 www.j-cast.com)
将来良いモデルさんになれるといいね!

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/28(日) 01:15:21.53 ID:j6+EdFAb9.net

男2人から暴行被害を受け、グループ卒業を発表したNGT48の山口真帆が、25日に自身のツイッターを更新。

ファンに向けたメッセージを投稿し、その内容に多くのユーザーが涙している。

■現在の心境を告白
山口は、「卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました。読んでくださると嬉しいです」と記し、心境をつづった4枚のキャプチャ画像を公開。

「私、山口真帆はNGT48を卒業します」と改めて宣言し、卒業発表の場では笑顔でいたいと思っていたが、長谷川玲奈、菅原りこの卒業が悔しく、涙を堪えることで精一杯だったと明かした。

■NGT48で出会った「本当の友達」
AKB48に憧れ、親の反対を押し切ってアイドルになったことを振り返り、「NGT48にならなかったら、こんな思いはしなかったのではないか」としつつも、「でも今は、NGT48になって良かったと思っています」とつづる。

その理由は、NGT48になっていなければ、つらい状況で自分を支えてくれた長谷川や菅原といった「本当の友達」を知らなかったかもしれない…と、彼女たちと出会えたことが、アイドル活動の中で何よりかけがえのないものとなったという。

■「あんな姿を見せてしまって…」と謝罪

山口は、卒業発表以前にファンの前で見せた姿が、涙ながらに謝罪をする姿だったことを心苦しく思っていたことを明かし、「あんな姿を見せてしまってごめんなさい」と謝罪。

今後2回の握手会と卒業公演を控えていることを受けて「皆さんが私のことを支えてくれたように、今度は私が皆さんに元気を与えられたらなと思います」と、気持ちを打ち明けた。

■「出逢ってくれてありがとう」

続けて、事件のことを振り返り「つらいことも苦しいことも悲しいことも全部私の人生です」と山口。
「どういう形であれ、皆さんに出会えたこと、私は嬉しいです。出逢ってくれてありがとうございます」と、事件を通じて自分を知った人々に向けても感謝の言葉を記した。

投稿の最後には…

「後ろ指を指されようが、自分が信じた道に向かって、真っ直ぐ生きていきたいです。今度は自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気や勇気を与えられるように夢に向かって頑張ります。

応援してくださいとは言えません 見守っていただけると嬉しいです 皆さんは私の宝物です」

とつづっている。

卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました。
読んでくださると嬉しいです。 pic.twitter.com/dQoNd1XENn

? 山口真帆 (@maho_yamaguchi) April 25, 2019

■「泣いた…」海外からも声援

山口の心境とファンへの感謝の思いがつづられた健気すぎるツイートに、多くのネットユーザーが涙。グループを卒業し、新たなステージへと進んでいく彼女に大声援が送られている。

「こんなに美しくて強い女性を応援できたファンは幸せだと思います」

「日本だけでなく中国にも、あなたを応援するファンがたくさんいることを知ってほしいのです。
暗い現実を勇敢に明らかにするというあなたの勇気は、常に私たちを誇りに思うでしょう」

「今までとてもつらかったでしょう。ですが、真帆さんが謝ることなんて一つもないです。これからも、真帆さんのことを応援させてください」

山口に思いを伝えようと、日本語でコメントを書き込む海外ファンも多数見受けられる。

最後まで理不尽なことに立ち向かい続けた、強くて美しい勇敢なアイドル。その姿は、多くの人々の心を打った。

グループを巣立った後の彼女の人生が、誰もが羨むような最高に幸せなものとなることを願いたい

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162072403/
2019年04月25日 13時00分 しらべぇ
(deleted an unsolicited ad)


(出典 i.ytimg.com)


(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


(出典 newsimg.oricon.co.jp)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ