相互RSS


【衝撃】今までマジギレしたことがない明石家さんまがついに・・・・・

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 – )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。企画等のクレジットでは本名名義も多い。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
151キロバイト (21,185 語) – 2019年4月8日 (月) 14:30

(出典 i.ytimg.com)
ヒカキンの時から思ったんだが、さんまって台本通りでしか動けないの?

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/25(木) 00:04:05.35 ID:fjESlE/f9.net

4月20日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、MCの明石家さんまが「イラ立ちをあらわにしていた」「表情が怖い」と話題になった。

新元号『令和』の突入を目前に控えた今回は、平成の時代に現れては消えていった〝一発屋〟をピックアップ。スギちゃん、『いつもここから』、『8.6秒バズーカー』らがゲストとして出演し、ネタを披露していくことになった。

トップバッターは、2000年代に人気を博し、『ピタゴラスイッチ』(NHK)レギュラーも務めた「いつもここから」。しかし、おなじみの暴走族ネタの反応はややウケで、見かねたさんまはネタをやめるよう途中で割り込んでいく。

さんまは「(ネタを披露する芸人が)後もあんねん!」と時間のなさを強調し、ひな壇の芸人たちも〝ネタ中断〟が笑いのくだりとしてきれいにまとまっていたと「いつもここから」を説得。
しかし、割り込まれた2人は「機会がないからやらせてください!」「何で止めるんですか!」と納得いかない様子で、特に黒髪の菊地秀規は本気で不服そうな態度を見せていた。

さんま・今田ともにイライラをあらわに
久しぶりの大舞台で再ブレークのきっかけをつかみたいのか、その後も「本当に後でやらせてくれるんですね!?」「こっち(ひな壇)ばっかじゃん目立ってんの」などと、さんまとひな壇相手に食って掛かり続けた菊池。
すると、次第にさんまの表情からもイラ立ちが見え始め、今田に至っては「こっちだってめちゃくちゃカットされとるんじゃ!」と感情を口に出してしまった。

結局、後に出番を控えていたスギちゃんが「オレの時間あげるぜ」と男気を見せたことで、「いつここ」は2本目の「悲しいとき~」ネタを披露できることに。
しかし、これだけゴネたにもかかわらず当の菊池がセリフを噛み続けてしまい、ただ場を荒らしただけに終わってしまった。

ネット上には、

《さんまがイラ立つって相当やろ》
《さんまが一瞬、マジの怖い顔をしていた…》
《いつここにイラッとしてるさんまさんの目、マジで怖い》
《さんまも今田もマジでイライラしてるwww》
《さんまが手を焼くってガチでやべー奴じゃん…》

などといった感想が。他にも彼らのネタを揶揄し、

《悲しいとき~。久しぶりのテレビ出演で再ブレークを狙うも、今後すら怪しくなってしまったとき~》

とチャカす声もあった。

どんなくだりも笑いに昇華できるさんまですらイラ立っていたと、視聴者も感じ取ったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1792153/
2019.04.24 10:30 まいじつ

前スレ 2019/04/24(水)12:18
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556075928/


(出典 meguppechan.com)


(出典 www.sunmusic.org)


(出典 www.rbbtoday.com)


(出典 www.sanspo.com)


(出典 contents.oricon.co.jp)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ