相互RSS


【中国】 新しいゲーム規則で「血」「死体」「麻雀」「ポーカー」「ポルノ」が禁止される

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/04/23(火) 23:47:00.40 ID:8FmUe7TJ9

unnamed14億人を超える人口を誇る中国は、他の産業だけでなくゲーム産業にとっても巨大な市場です。しかし、新たに公開された中国のビデオゲーム規則は正式に「血」「死体」「麻雀」「ポーカー」「ポルノ」などを禁止しており、様々なジャンルのゲームが販売できなくなる見込みです。

日本を含めた世界各国ではゲームの内容に応じて年齢によるレーティングを行っておりゲーム販売会社が審査と規制を自主的に実施しています。日本ではコンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)による5段階の区分が設けられています。

しかし、自国でのゲームに対する批判の声を受け、国家自身がゲームに対して独自の規制を行うケースもあり、例えばインドでは「プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ(PUBG)中毒」の若者が増加し、PUBGを法的に規制する自治体が登場しています。販売が好調だったカプコンの「モンスターハンター:ワールド」が突如配信停止になるなど、中国もゲームに関する「規制の厳しい」国として知られています。

そんな中国政府が新しいビデオゲーム規則を公開しており、その規則では「血」「死体」「麻雀」「ポーカー」が新しく禁止されました。これまででは血を緑色のスライムや粘液などに置き換えるという古典的な「ごまかし」が上手くいくケースもあったそうですが、中国の新しいビデオゲーム規則にはこの種のごまかしが通用しない見通しです。また、この新規制は既存の「ポルノ」を禁止する規則と並行して発効されるようです。
https://gigazine.net/news/20190423-chinas-new-video-game-rules/

続きを読む

Source: 痛いニュース(ノ∀`)