相互RSS


【迷惑行為】すべて1円玉で支払いした結果!!!!!!

ガチャガチャも小銭不要に=バンダイ、関東中心に展開 – Nippon.com
玩具メーカー大手のバンダイ(東京)は18日、キャッシュレス決済に対応したカプセル入り玩具の販売機「スマートガシ… 続きを読む →
(出典:Nippon.com)

(出典 4.bp.blogspot.com)
マネはしないように!!

1 僕らなら ★ :2019/04/24(水) 11:13:12.40

ファストフード店の支払いで大量の1円玉を出す動画がネットに投稿され、話題になっている。動画によると、投稿者は10円玉を3枚出したあと、小銭入れを逆さにして支払い用のトレーに1円玉の山を築いた。

動画サイトで検索すると「1円玉会計」の動画はこれまでにもいくつか存在したことがわかる。店側からすれば迷惑行為と言えるだろう。

客が大量の貨幣で支払いをしてきたとき、店側は律儀に受け付けないといけないのだろうか。前島申長弁護士に聞いた。

●21枚目からは拒否できる
「結論から言えば、飲食店などで、客が大量の1円玉で代金の支払おうとしたような場合、店側は拒むことができます」(前島弁護士)

何枚から拒めるかについては、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」に、「貨幣については、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」(法7条)との規定がある。

「つまり法律上、1回の支払いの際に、同じ額面での支払いは20枚までしかできないということになります。21枚目からは拒めます」

通常、貨幣には「強制通用力」といって、額面の価値で決済の最終手段として通用する効力がある。それなのに、なぜ断れるのだろうか。

「本来、硬貨というものは、取引の決済を簡便にするために作られたものですが、大量の硬貨での支払いをされると、かえって店側の決済が煩雑になってしまいます。このような弊害を防止するための決まりです」

ちなみに紙幣(日本銀行券)については枚数制限がない(日本銀行法46条第2項)。

注目を集めるために大量の硬貨を使うのは、店にとって迷惑だろう。マネはしないように。

(弁護士ドットコムニュース)

http://news.livedoor.com/article/detail/16364269/

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!