相互RSS


【放送事故】フジテレビ「特番ドラマ」←肝心なところで ‷凡ミス‴

砂の器 (すなうつわ)は、松本清張長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 都会
66キロバイト (8,689 語) – 2019年4月5日 (金) 20:34

(出典 news.walkerplus.com)
動画は「【公式】フジテレビ開局60周年特別企画『砂の器スペシャルPR動画公開」の映像をUPしました🌸

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/05(金) 19:00:42.66 ID:RUkI36t29.net

3月末にフジテレビは開局60周年特番のドラマやバラエティー番組を放送したが、2本のドラマはいずれも高視聴率獲得とはならなかった。

3月25日には、これまでドラマ・映画化された人気シリーズの最終章で、女優の木村文乃主演の「大奥 最終章」を放送したが、
平均視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。そして、同28日には松本清張の不朽の名作をリメイクした、少年隊・東山紀之主演の「砂の器」が放送され、11・1%だった。

「いずれのドラマもミスキャスト感は否めず。特に『大奥』は小池栄子や鈴木保奈美らの脇役にすっかり食われてしまった」(テレビ誌記者)

視聴率では「大奥」に圧勝し、なんとか面目を躍如した「砂の器」だが、なんともお粗末なトラブルが発生していたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

同誌によると、なんと、最初から最後まで字幕が数秒遅れて放送されてしまったのだとか。食事シーンに「朝から腹を下しておりまして」との字幕が流れたりと、
作品の雰囲気をぶち壊しにしかねない“放送事故”になってしまったというのだ。

同誌の取材に対して、同局は「制作の都合により、生で字幕を付けることになったため字幕が音声より遅れて表示されました」と回答しているのだが…。

「出演者たちのスケジュールの都合で、作品が完成したのが放送のギリギリになってしまったため、生での字幕になってしまったようだ。
とはいえ、開局記念のドラマがあまりにもお粗末なミスで汚点を残す事態に。
現場ではコストカットの嵐が吹き荒れ、人が回らなかったかもしれないが、それにしてもあり得ないミス」(フジ関係者)

凡ミスが目立つフジだが、肝心なところでやらかしてしまったようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16272354/
2019年4月5日 18時0分 リアルライブ


(出典 www.fujitv.co.jp)


(出典 cdnx.natalie.mu)

//www.instagram.com/embed.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト
//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch