相互RSS


【やらかした】ゴールデンボンバー・鬼龍院翔が緊急謝罪!

ゴールデンボンバー (英:golden bomber) ゴールデンボンバー (バンド) – 日本のヴィジュアル系エアーバンド。メディアでは「金爆(きんばく)」の略称でも知られる。 ボンバーマンシリーズにおける、バトルゲームの優勝者が次の試合の際に金色になるシステム。及びそのシステムによって登場するキャラクター。詳しくはボンバーマン
703バイト (81 語) – 2019年2月4日 (月) 14:15

(出典 townwork.net)
さすがニコニコからのメジャーデビューとしか言えようが・・・

1 ネイトのランプ ★ :2019/04/07(日) 02:00:08.55 ID:R02cLS9k9.net

 ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔さんが4月4日にブログを更新。鬼龍院さん名義の楽曲、歌詞について、「何にだって大いに使って頂きたいです」「SNSに全文を載せても良いです」など楽曲の宣伝になるような形での無断使用、無断転載を認める方針を明らかにしました。時代に合わせていく力がハンパない。


(出典 image.itmedia.co.jp)

鬼龍院さん(画像は鬼龍院翔Instagramから)

 4月1日に爆速で発表した新元号ソング「令和」が各所で話題となっている金爆(関連記事)。「皆さん見て頂きありがとうございます!」とブログで感謝をつづった鬼龍院さんは、SNSユーザーが同曲を使用した動画を投稿している件について、「是非、何にだって大いに使って頂きたいです こちらにお伺い、確認なんて要りません!(^-^)」と許諾なしの楽曲使用を認める姿勢を表明。数件の投稿に関しては、すでにバンドの公式Twitterでリツイートするなど拡散にも協力しており、「権利で縛る故に音楽が広まることにブレーキが掛かるような現象ってホント勿体無い事だと思うんですよ」とSNS全盛の時代に合わせた柔軟な考え方を明かしました。


(出典 image.itmedia.co.jp)

新元号ソング「令和」が話題の金爆(画像はYouTubeから)

 続けて、楽曲の歌詞についても触れた鬼龍院さん。自身の歌詞をネットで探す際に、バンドへの配慮から歌詞全文の転載を控えていたファンを発見したことがあるそうで、「いやいや! 良い歌と思ってるなら歌詞全部載っけて良さを宣伝してくれた方がよかったのに!」とフリーダムな感想を抱いたとのこと。「もっと自由に使ってもらえないのか事務所の方に確認取ってみた」と早速行動に移しており、「タイムマシンがほしいよ」「僕クエスト」「あの素晴しい朝をもう一度」の3曲を除き、鬼龍院さんが作詞した楽曲に関しては「曲の歌詞を無料のSNSに全文を載せても良いです」と宣伝のための転載を正式に認めました。転載禁止の3曲については、「権利がウチだけのものではないから」と事情を説明しています。


(出典 image.itmedia.co.jp)

権利まで自由になったゴールデンボンバー(画像は鬼龍院翔オフィシャルブログから)

 音楽業界では異例とも言える決断とあって、「これはあくまで鬼龍院翔に限った話で、他アーティストさんは別です」「作家である鬼龍院翔と権利元の事務所が自己責任でOKにした形です」と例外中の例外であることを念押しした鬼龍院さん。最後にはあらためて、「(楽曲、歌詞ともに)是非、如何様にも使って頂けたら嬉しいです 作った音楽が他人の人生に触れることがミュージシャンの喜びであると思っています」と持論をつづっています。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/05/news101.html

ゴールデンボンバー/令和 Full size
(出典 Youtube)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ