相互RSS


【驚愕】ピエール瀧被告⇨早くも復帰が囁かれる‼ フジロックで復活か?

フジロックフェスティバル(FUJI ROCK FESTIVAL)は、日本のロック・フェスティバルである。 1997年、山梨県富士天神山スキー場で初開催された。1999年より、毎年7月下旬または8月上旬、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されている。主催はスマッシュ。フジロックという略称および愛称で一般に広く知られている。
96キロバイト (6,938 語) – 2019年3月27日 (水) 04:27

(出典 www.cdjournal.com)

1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/07(日) 10:51:48.96 ID:NXhW/vha9.net

2019.04.07
https://tocana.jp/2019/04/post_91346_entry.html

(出典 tocana.jp)

画像は、DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧

 コカインを吸引した麻薬取締法違反罪で起訴、4日に保釈されたピエール瀧被告のカムバックが早くも囁かれ始めている。保釈後、瀧被告は薬物依存更正プログラムを受けるために、入院。芸能関係者は「速やかに治療を表明したのは、芸能界復帰を見据えているから。保釈後、七三分けで謝罪の言葉を並べた彼は真摯な態度だった。業界には彼の〝ファン〟も多く、予想より早く復帰するのではないか」と話す。

 初公判は5月中旬ごろで、6月には判決が出ているものと思われる。法曹関係者によれば、量刑は「初犯で、社会的制裁も受けていることを考えれば、懲役1年半、執行猶予3年が妥当ではないか」という。判決が出たからといって罪が消えるわけではないが、1つの区切りとなることは間違いない。

 テクノユニット「電気グルーヴ」でコンビを組む石野卓球は、逮捕された瀧を独特の表現でフォロー。保釈時の髪型をツイッターで「自分で毛をむしって食べてたらしいよ」などといじり、イラストも掲載。こうした言動がフジテレビ系「バイキング」で批判されると「万人に受け入れられようと思ってたら電気グルーヴなんかやって無いっーの!」「いまやTVじゃバカか老人しか誘導できないよ」と反撃した。

 卓球は7月26~28日に新潟・苗場で行われる「フジロックフェスティバル」に出演することが決定。当初、「電気グルーヴ」で出演予定だったが、瀧被告の逮捕で消滅し、代わりに卓球が最終日にソロで出演することになった。電気を知る音楽関係者が断言する。
「必ず卓球はフジロックでやらかします。賭けてもいいです。DJしている後ろの映像で瀧被告の七三分け映像を使うのか、それとも本人をステージ上に呼び込むか。関係者はドキドキでしょうが、本人は今回の事件はさほど大ごととは捉えていない。もともとテクノはアングラミュージックで、文化系男子が家に引きこもって聴いているような音楽。それが今回はメーンストリートで扱われ、ジャニーズタレントが逮捕されたかのような大騒ぎになっている。当事者は『なんで?』といった感覚でしょう」

 瀧被告は所属事務所を解雇されたが、電気グルーヴの解散はありえない。「固定のファンがいる限り、どうとでもなりますからね。むしろ瀧被告の逮捕すらネタというか、電気の〝新曲〟みたいなノリだと思う」とは古参ファンの男性だ。

 フジロックで〝瀧降臨〟なるか――。やったらヤバイとはわかっていても、ファンはそれを待ち望んでいる。 

続きを読む

Source: 気ままなニュース情報