相互RSS


【驚愕】ピエール瀧の起訴に、石野卓球の発言が正論過ぎるwwwww

電気グルーヴ(でんきグルーヴ)は、日本のバンド。1989年に結成され、テクノ、エレクトロを中心とした独特の音楽性と破天荒なパフォーマンスが特徴。世相を風刺した作品が多く、1990年代のサブカルの担い手でもあった。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。日本国外向けにDENKI
178キロバイト (25,514 語) – 2019年3月29日 (金) 00:55

(出典 ez-web1.com)
確かにいえる!卓球より瀧のほうがかなりテレビ出てるからな!

1 ひかり ★ :2019/04/03(水) 11:12:50.74 ID:MuhhN9Uf9.net

 テクノユニット・電気グルーヴの石野卓球(51)が3日、自身のツイッターを更新。

 フォロワーからの「救う?なんで瀧を卓球さんが救わなきゃいけないの(笑)?」のコメントをリツイートし「瀧が卓球を救うべきなのにね」とツイートしていた。

 また別のフォロワーから「ピエール瀧さんより、石野卓球さんのがテレビ出れねぇだろこれ。ぶっ飛びすぎ(笑)」とのコメントをリツイートし
「テレビ出るヤツダサくね?ニュース以外で」とつづっていた。

 メンバーでコカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧こと瀧正則被告(51)は2日に所属事務所のソニー・ミュージック
アーティスツから契約解除された。所属事務所のホームページで発表され「弊社所属タレントのピエール瀧が麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕された
ことについて、関係各所の皆様、ファンの皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めてお詫び申し上げます」と謝罪。「本日、2019年
4月2日に、ピエール瀧が上記違反により起訴されたことを受けまして、ピエール瀧とのマネジメント契約を解除いたしました。なお、本件に関しましては、
引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」とつづった。

 瀧被告は2日、起訴された。起訴状によると、瀧被告は、3月12日頃に、自宅とは別の世田谷区内のマンションの一室で、コカイン若干量を吸引したとしている。
同被告は、3月12日に関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000034-sph-ent


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 contents.gunosy.com)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ