相互RSS


ドイツ企業のCMが日本人蔑視か…白人男性の使用済み下着をアジア系女性がアヘ顔で嗅ぎまくる内容に非難殺到

1 名前:ばーど ★:2019/03/31(日) 14:53:08.33 ID:rTphsxYu9

WS001932ドイツのホームセンター、ホルンバッハ(HORNBACH)の「春の香り」というCMが、アジア人蔑視だと物議を醸している。

CMでは、農作業をする白人男性の使用済み下着が自動販売機で売られ、アジア系の女性が購入して匂いを嗅いで喜ぶ、という内容。最後には「これが春の香り」という文言が付く。

下着のパッケージが流れるベルトコンベアには「春の匂い」と日本語で書かれている。

白人男性が農作業をし、そこに研究員らしき白衣を着た男性が2人現れる。

白衣の男性たちは、農作業をする泥と汗にまみれた男性のシャツやパンツをしかめ面で回収。

その汚れた下着類はパッキングされ、ベルトコンベアに乗せられていく。そこには日本語で「春の匂い」と書かれているのだ。

そして場面はビルが建ちコンクリートに囲まれた薄暗い都市に移る。

自動販売機の前に立つおかっぱ髪のスーツを着た女性が、自販機のボタンを押し、汚れた下着類のパッケージを手に取る。

それを開くと、女性は恍惚とした表情になり、何度も匂いを嗅ぐ。

最後には、日本のアダルトコンテンツのアニメや漫画で「女性が性的な快楽に溺れているときの顔」として表現される「アへ顔」によく似た表情を見せて終わる。


【動画】ホルンバッハのCM
https://www.youtube.com/watch?v=Z3iNXwHBKoI
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5c9f8ceee4b0bc0daca96699

続きを読む

Source: 痛いニュース(ノ∀`)