相互RSS


平成の発明品「MD」、需要根強く でもデッキ製造は

1:■忍法帖【Lv=18,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:平成31年 03/30(土)06:26:10 ID:???

朝日新聞デジタル2019年3月28日12時20分

 長時間録音ができ、持ち運びしやすく、音が飛ばない音楽メディア「ミニディスク」(MD)。
平成に生まれ、カセットテープに代わって一時代を築いた。だが、音楽を聴くスタイルの変化の波にのまれた。
今も再生機器を製造している会社があるが、あと数年で終わる可能性があるという。

 「MDデッキのウェブサイトは、今も結構見られています。弊社のページビューのトップ10入りなんですよ」。
MDデッキを国内で唯一、製造している音響機器会社「ティアック」(東京)の広報、寺井翔太さん(33)は
そう話す。一般ユーザーの買い替え需要のほか、冠婚葬祭やコンサートなどで音響を扱う業者にもニーズがあるという。

 MDシステムは、ソニーが開発し、1991年に発表。翌年「ウォークマン」1号機(7万9800円)、
MDディスクを販売した。CDやカセットと比べて直径64ミリとコンパクトで、長時間録音・再生ができ、
高音質で音飛びもしない。通勤通学やドライブで使うユーザーが多かった。各社とも携帯型プレーヤー、
MD搭載のコンポを発売し、90年代半ばに市場を席巻した。

 高級オーディオや高性能録音機器で知られるティアックも96年以降、MDデッキやコンポの販売を開始。
2015年から「MD―70CD」というMD・CD一体のデッキを売っている。

 「精密部品で剛性も必要なメカトロニクス(電子機械工学)の技術。携帯プレーヤーは年々小型化しており、
MDの再生機器は日本の技術力を示していた」と企画・販売促進課の加藤丈和課長(54)は言う。

アップル旋風で人気の地位失う

…(以下略)

https://www.asahi.com/articles/ASM3W62L9M3WOIPE02B.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 93◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553203360/

2:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 03/30(土)06:54:38 ID:aYy.ck.yd

MDが普及し始めるタイミングで、DVDが発表されCDが復権したからな。
音声だけでなく、映像も保存できるのが復権の理由。
だからMDも映像記録・再生できるよう進化していればこの先生きのこれたかもしれない。

3:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 03/30(土)08:22:52 ID:1xQ.2e.xq

>>2
MP3プレイヤーの台頭やフラッシュメモリの大容量化で
2000年代には取って代わられちゃったからどうだろうな

37:名無しさん@おーぷん[sage]:平成31年 03/31(日)03:20:44 ID:NRc.i2.51

>>2
MP3プレイヤーの普及が原因だぞ。
MDデッキを持ってる俺が言うんだから間違いない。

4:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 03/30(土)09:00:39 ID:D8r.gp.yd

俺はMDは買わなかったな。何となく先見性が無さそうに思えたからipodが出るまでカセットで通したわ。

5:名無しさん@おーぷん[sage]:平成31年 03/30(土)09:13:52 ID:ZvW.fx.wn

DATウォークマンで通した僕ちゃんが来ましたよ。

続きを読む

Source: 物見ニュース