相互RSS


【歯ぎしり】ピエール瀧逮捕、次なる標的は“演技派女優”“大物俳優”…警視庁が疑ってるのは歌手だけではない!

ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 – )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
52キロバイト (6,223 語) – 2019年3月26日 (火) 12:53

(出典 i.ytimg.com)
最終的に芸能人全員疑うやろな

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/29(金) 08:30:42.80 ID:BvknMFYj9.net

ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が、自宅でコカインを使った疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは3月12日のことだった。

瀧容疑者がコカイン事件の責任を問われるのは当然としても、過去の電気グルーヴの作品、
さらには出演した映画やドラマをことごとく世の中から葬り去ろうとする動きは、あまりにもヒステリックな反応ではなかろうか。
それによる違約金が「最低でも30億円は下らない」、「いや、100億円にのぼる」といった憶測ばかりが飛び交う現状に、瀧容疑者の実父が胸の内を明かす。

「年金暮らしのじいさんにとっては身が震える思いですよ。違約金のことを考えると夜も眠れません。
息子には、間違っても俳優だなんて生意気な肩書を名乗るべきじゃない、もしお声が掛かったら与えられた仕事を一生懸命やればいい、そう言って陰ながら応援してきました。
息子が悪いことをしでかしたのは間違いありませんが、そのせいで作品がお蔵入りになってしまうのは悲しい限りです」

評論家の唐沢俊一氏が嘆息するには、

「かつて麻薬取締部はポール・マッカートニーを大麻所持の容疑で逮捕しましたが、そのせいでビートルズのレコードが発禁処分になったでしょうか。
結局、いまの日本のテレビ局やレコード会社はクレームを恐れ、先回りして自主規制に走っているだけなんです」

ここで思い起こしてほしいのが故・勝新太郎の「事件」である。

1990年にホノルル空港で逮捕された勝のパンツからは、奇しくも、瀧容疑者が長年に亘る使用を告白したコカインと大麻が見つかった。
だが、護送車のなかで苦渋の表情を浮かべる瀧容疑者と、自ら会見を開いて「もうパンツははかない」とぶち上げた勝には大きな隔たりがある。

コカイン所持でハワイで逮捕され帰国した勝新太郎
「当時の世間や芸能マスコミには、勝さんのキャラクターを許容する余裕があった。さらに言えば、役者に人徳や品行方正さなど誰も求めていなかった。
いまでこそ、役者は不倫ひとつでボロクソに叩かれますが、かつては“芸の肥やし”で済んでいたわけです」(同)

無論、薬物犯罪自体を軽んじるわけにはいかない。けれども、綺麗ごとばかりをお題目のように唱え、
コンプライアンスで雁字搦めになった世の中は息が詰まるだけである。これではもはや、勝新のように破天荒な役者が現れるはずもない。

きっちりクロにする

そうしたなか、このまま瀧容疑者の俳優人生が閉ざされてしまうことを懸念する声が上がっているのも事実だ。

「僕はもともと電気グルーヴのファンで、真面目なのかふざけているのか分からない、瀧さん独特の存在感に惹かれていたんです」

とは、「凶悪」や「孤狼の血」などの映画で瀧容疑者をスターダムに押し上げた白石和彌監督である。

「瀧さんは口癖のように“俺は別に俳優じゃないから”“選んで失敗するのはそっちだからね”と言っていました。
でも、やると決めた以上は撮影にも真剣に臨んでくれた。しかも、プロの役者とは違う、唯一無二の雰囲気を持っている。替えがきかない役者だからこそ、瀧さんにはやってしまったことの重大さを厳正に受け止めてほしい。
本当にバカヤローとしか言えませんし、悔しいですよ。まずは家族や関係者、なによりファンに謝り、薬物依存症を治療して人としての人生を取り戻してほしいです」

「週刊新潮」2019年3月28日号 掲載

http://news.livedoor.com/article/detail/16234004/
2019年3月29日 8時1分 デイリー新潮


(出典 biz-journal.jp)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ