相互RSS


水谷隼選手⇒目に異常!! レーシック手術が原因? 因果関係は…

水谷 (みずたに じゅん、1989年6月9日 – )は、静岡県磐田市生まれの卓球選手。身長は172cm、体重は63kg、靴のサイズ27.0cm。血液型はB型。既婚。木下グループホールディングス所属。ITTF世界ランキング最高位は4位。段級位は7段。 北京オリンピック、ロンドンオリンピック、リオデジ
43キロバイト (4,414 語) – 2019年2月27日 (水) 10:55

(出典 tk.ismcdn.jp)

1 豆次郎 ★ :2019/03/26(火) 23:29:36.46 ID:PzjQFUly9.net

2019/3/26 11:01

日本卓球界のエース、水谷隼選手がきのう25日(2019年3月)、「1年前から目に異常があった」とツイッターで告白した。先月(2019年2月)のTリーグの試合でもサングラスをかけてのぞみ、「LED広告の白い文字とボールが重なって見えづらくなっていた」と話していたが、目の異常を抱えていたわけだ。それでも、見事な活躍で初代MVPに輝いた。

負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられるので…

実は、目の角膜を手術し視力の矯正をするレーシックを受けていた。先月にも、「1年前からボールがほとんど見えない状態が続いていた」と訴えていた。きのう25日のツイッターでは「アスリートの何が一番辛いかって、負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられてしまうこと。結局、それが嫌で事実とは違う文章になる」といい、最近は「花粉症予防のただのメガネとネタにしていた」と綴っていた。

水谷は2016年リオ五輪のシングルスで銅メダルを獲得、今年1月(2019年)の全日本選手権では10度目の優勝。東京五輪には3枠ある代表入りが期待されており、来月(2019年4月)には世界選手権が控えている。

司会の加藤浩次「ほぼ見えない状況で、勘でこれまでの経験則から打っていたというんだよね。それで勝っていたとはすごい」

高橋真麻(フリーアナウンサー)「これだけ結果を出していたとは。信じられない。ただただ、驚きました」

加藤「こうやって公表することによって、克服した人の声や眼科医による治療法など情報が集まってきて、いい方向に進むといいですね」

https://www.j-cast.com/tv/2019/03/26353500.html

続きを読む

Source: 気ままなニュース情報