相互RSS


東電の国営化を検討すべき – 菅直人

東電は、福島原発事故で避難を余儀なくされた住民による賠償請求に関する裁判外紛争解決手続き(ADR)の和解案を、拒否しました。裁判では時間がかかり、被害者にとって救済が間に合わないので 、迅速な救済のためにADR制度が設けられたのに、その和解案を東電が拒否することが許されるのか。多くの被害者や弁護士さんが国会にも来られて、私も話を聞いています。 関係する省庁の担当者は東電に和解案を尊重するように要請…全文読む
Source: BLOGOS