相互RSS


「全部やれ。」フジ追い抜いた日テレの奮闘劇はTV界の"最終戦争" – 松田健次

5月新刊「全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方」(文藝春秋)は、NHKに次いで民放初のテレビ開局を果たし、テレビ草創期に「光子の窓」「シャボン玉ホリデー」をはじめ多くの名番組を生み出した日本テレビが、80年代以降の長い低迷期から当時の王者フジテレビにいかにして追いつき、視聴率首位の座を奪取したかを追う80年代から90年代にかけてのテレビ史だ。もしも「カノッサの屈辱」(フジテレビ 1990~199…全文読む
Source: BLOGOS