相互RSS


周囲の情景を利用して、本の内容を記憶に刻みつける「シチュエーション読書法」とは?

きょうは僕の新刊『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(印南敦史著、星海社新書)をご紹介させていただきたいと思います。僕はこの「ライフハッカー [日本版]」をはじめ、複数の媒体で書評を書き続けています。つまり、日常的に本を読んでいるわけですが、そのような立場であっても、すべてを記憶できるわけではありません。あたり前の話ですが、やはり忘れるものは忘れてしまうのです。
Source: ライフハッカー[日本版]