相互RSS


「2つの陳情事項に拘り続ける野党の空費」―戦後最大の危機に対する国家防衛政策を示してみよ― – 屋山太郎 – 一般社団法人日本戦略研究フォーラム

国会の「モリ・カケ問題」はもういい加減にしてもらいたい。この問題をほじくれば、汚職問題や行政の不正が糾されるというのであれば、国会が2年がかりで取組む意味はある。しかし、これだけ叩いても金が動いた気配は全くない。犯罪でもないものを犯罪もどきに仕立て上げて、安倍内閣を糾弾するというのは時間のムダ、国民の税金のムダというものだ。 市会議員、県会議員、国会議員という議員職は、よろず陳情を受けて、しかるべ…全文読む
Source: BLOGOS