相互RSS


【ゆうパック】「置き配」サービス開始 ⇒ 日本郵便「荷物が盗まれても補償する考えはない」 ⇒ 希望者ゼロ

ゆうパック、玄関前に「置き配」サービス 再配達解消へ – 朝日新聞
日本郵便は18日から、宅配便「ゆうパック」で届け先が希望すれば荷物を玄関前に置くサービスを始めると、8日発表した。再配達にかかる人手を減らす狙いがある。 同社は …
(出典:朝日新聞)

(出典 www.news24.jp)
再配達問題の解決策なのだろうが、やはり盗難や破損が心配。

1 ニライカナイφ ★ :2019/03/19(火) 14:26:09.37

◆ 日本郵便「置き配」開始も導入荷主ゼロ

日本郵便は18日、宅配便の荷物を玄関先などに置き配達完了とする「置き配」サービスを始めた。
本格導入は宅配業界初で、再配達をなくしドライバーの負担を軽減する切り札として期待が集まるが、同日時点で導入すると手を挙げた荷主はゼロ。

盗難などトラブルへの不安が導入の壁になっているとみられる。
初日から足踏みを強いられた格好で、「置き配」普及への道のりは平たんではなさそうだ。

日本郵便が置き配を始めると表明したのは2018年10月。
以降、大手を含む複数のインターネット通販会社に荷主として置き配受け入れを求め、交渉を進めてきた。

置き配のイメージはこうだ。
消費者は通販サイトで商品を注文する際、玄関先や車庫などから配達場所を選ぶ。
印鑑は不要で、配達員はインターホンを鳴らさず指定された場所に荷物を置いて完了とする。

米国では一般的で、日本では化粧品や健康食品販売のファンケルが1997年に始めた。
自前の配送網を持つ楽天やアマゾンジャパン(東京・目黒)が一部で置き配を導入しているものの、宅配大手では初の試みとなる。

写真:
(出典 www.nikkei.com)

※続きは非公開の有料記事ですので、公開された無料記事のみ転載しました。

日本経済新聞 2019.3.18
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42589630Y9A310C1000000/

■関連ニュース
ゆうパック、玄関前に「置き配」サービス 再配達解消へ
http://news.livedoor.com/article/detail/16131040/
> 玄関前に置く場合、日本郵便は鍵つきの宅配バッグなどの利用を想定する。
> それでも、荷物が盗まれたりなくなったりするリスクはあるが、日本郵便として補償する考えは基本的にないという。

続きを読む

Source: ニュースYeah