相互RSS


低い失業率と高い有効求人倍率を続ける雇用統計をどう見るか? – 官庁エコノミスト

本日、総務省統計局の失業率や厚生労働省の有効求人倍率などの雇用統計が公表されています。いずれも4月の統計です。失業率は2.5%と低い水準にあり、有効求人倍率は1.59倍と高い倍率を示しています。いずれも前月と同じ水準です。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。有効求人倍率1.59倍 4月、前月から横ばい厚生労働省が29日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍となり…全文読む
Source: BLOGOS