相互RSS


【医療】この口内炎は…堀ちえみさんで注目、相談が急増

この口内炎は…堀ちえみさんで注目、相談が急増(読売新聞) – Yahoo!ニュース
タレントの堀ちえみさん(52)が舌がんを公表してから間もなく1か月。舌がんに対する関心の高まりで、東京都内の大学が開設したネットの相談窓口には、歯科開業医から …
(出典:Yahoo!ニュース)
舌癌(ぜつがん)は、口腔癌の一つで、舌前方2/3(有郭乳頭より前方)と舌下面の範囲で発生する腫瘍。口腔癌の中で最も多く、報告によっても差があるが、口腔癌全体の30%〜60%を占め、そのほとんどは舌縁部に発生する。 舌癌とは、舌前方2/3(有郭乳頭より前方)と舌下面の範囲で発生する腫瘍で、口腔癌の一
30キロバイト (4,320 語) – 2019年2月28日 (木) 05:49

(出典 www.yomiuri.co.jp)
この事で、口内炎の意識が変わったわ。

1 孤高の旅人 ★ :2019/03/18(月) 17:00:15.74 ID:f68IIKME9.net

この口内炎は…堀ちえみさんで注目、相談が急増
16:00
https://www.yomiuri.co.jp/science/20190318-OYT1T50168/

 タレントの堀ちえみさん(52)が舌がんを公表してから間もなく1か月。舌がんに対する関心の高まりで、東京都内の大学が開設したネットの相談窓口には、歯科開業医から患者の口の中の異常について相談が急増している。舌がんは一般的な口内炎と間違えられ、診断が遅れる恐れがあり、患者の遺族からも「この機会に舌がんのことを知って」との声が上がっている。

 堀さんは先月19日、自身のブログで、進行した舌がんが見つかったと明らかにした。当初数か月は舌がんとの診断がつかず、口内炎として治療を受けていたという。22日に手術を受け、今月17日のブログでは医師の許可を得て一時自宅に戻った様子を報告した。「退院まで後少し」などと近況をつづっている。

 「堀さんの公表をきっかけに、多くの人に関心を持ってほしい」。そう呼びかけるのは、千葉県船橋市の男性(55)だ。2017年6月、父親(当時83歳)を舌がんで亡くした。
 前年5月、父親は口内炎がなかなか治らず、近くの歯科医院から紹介された病院の口腔こうくう
外科を受診。入れ歯が合っていないためと言われ、数か月通院した。症状は治まらず、別の病院を受診すると、11月末になって進行した舌がんとわかった。父親の死後、最初の病院を提訴した。

 男性は「『治らない口内炎』とネット検索すればよかったと悔やんでいます。他の人には父のような思いをしてほしくない」と語る。
 舌がんは、初期症状の口内炎が見分けられずに放置され、診断がつくまでに進行してしまうことが、以前から問題とされてきた。

続きを読む

Source: ニュースYeah