相互RSS


黒田日銀総裁「物価と賃金の動き鈍い」、背景解明が喫緊の課題 – ロイター

[東京 30日 ロイター] – 黒田東彦日銀総裁は30日、日銀金融研究所主催の国際コンファランスで「実体経済の改善にもかかわらず、物価と賃金の動きは鈍い状態が続いている」と述べた。その上で、「先進国を中心に観察される物価・賃金ダイナミクスの変化の背景を解明することは喫緊の課題だ」と指摘した。黒田総裁は冒頭、各国の経済や金融の結びつきが強まっていることに触れ、世界の連動性が高まっていることは「世界経…全文読む
Source: BLOGOS