相互RSS


小松の親分が淀川長治に扮し『麻雀放浪記2020』を解説 「日曜洋画劇場」へのリスペクト溢れる映像が公開

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/09(土) 12:18:10.12 ID:e6uCMTQ69
4月5日(金)より全国公開となる映画『麻雀放浪記2020』(配給:東映)より老練の雀士・出目徳を演じる小松政夫が、淀川長治に扮し本作を解説するスペシャル予告映像が解禁となった。

no title

不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。
主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤工。
斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー“坊や哲”を熱演する。
そして、メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌が監督を務める。

原作では1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風○も余すところなく活写。
しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。
原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生する。

https://youtu.be/bTiLcNOFaB4

そしてこの度、出目徳を演じる小松政夫が淀川長治に扮し本作を解説するスペシャル予告映像が解禁となった。

1945年の戦後日本で、斎藤工演じる“坊や哲”と鎬を削る人気キャラクター・出目徳を演じる小松政夫。
俳優だけでなくコメディアンとしての顔も持つ彼の十八番である、昭和の名映画評論家・淀川長治氏のモノマネと、『麻雀放浪記2020』の夢のコラボレーションが実現した。
1966年から始まったNETテレビ(現:テレビ朝日)『日曜洋画劇場』の解説者として、番組開始から32年間、
お茶の間に映画の魅力を伝えてきた淀川氏による、誰もが知るこの名物コーナーを昭和から2019年の現代へと鮮烈に復活させた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16132829/
2019年3月9日 10時0分 AbemaTIMES

https://www.youtube.com/watch?v=dQT43_eOP-Q

淀川長治 解説 コマンドー

https://www.youtube.com/watch?v=Mo9aiRxId4k

日曜洋画劇場 Ending

https://www.youtube.com/watch?v=xQeMbtPG3Ns

日曜洋画劇場 エンディングテーマ曲『So In Love』

no title

no title

no title


続きを読む

Source: 麻雀ちゃんねる ~麻雀まとめブログ~