相互RSS


【朗報】うつ病は鼻から吸って治す時代に!?「ケタミン入り即効性抗うつ点鼻スプレー」が認可されるwwwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/03/11(月) 12:11:40.84 ID:ID:Odq35g/K9.net
ケタミンが「即効性の抗うつ剤」になる可能性については以前紹介しましたが、この度ケタミン入りの点鼻スプレーが開発されました。

元は麻酔薬として開発されながら、ドラッグとして乱用されたことから違法薬物に指定されているケタミン。

ですが抗うつ剤としては、効果があらわれるまでに数週間から数ヶ月を要する従来の抗うつ剤である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と比較すると、即効性と呼べるほどに極めて早く、わずか数十分から数時間で効果を表します。

これまでの研究では7割のうつ病患者の症状が緩和され、ケタミン自体が体内から排出された後も2週間程度その効果が続く他、うつ病患者に見られる自殺念慮も24時間以内に消え去ってゆきます。

なお、抗うつ剤としてのケタミンの摂取量は麻酔に用いられるよりも遥かに低量で効果を発し、医師のコントロール下での投薬であれば体へのダメージや中毒性の心配もないとのこと。

こうした特性からケタミンの鼻腔内投与による治療がアメリカ精神医学会(APA)によって模索されてきましたが、今回ケタミン入りの点鼻スプレーをアメリカ食品医薬品局(FDA)が認可しました。

Spravatoという名前で販売される点鼻スプレーに入っているのはエスケタミンというケタミンの構造的異型で、処方されるのは2種類以上の作用機序の異なる抗うつ薬の治療によっても改善の見られなかった治療抵抗性うつ病の患者に対してのみ。

またエスケタミンには向精神作用があるため、患者は病院や診療所での処方を義務づけられ、処方後2時間は医療機関での管理下に置かれることになります。

こうした厳重な態勢を敷いてでもケタミンを治療に導入するメリットは、何といってもその効果の速さと強さ、そして選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が効果を現さなかった患者に対しても効果が見込まれるためです。

今後有効性が確認されれば、徐々にではあれ治療抵抗性うつ病以外の患者にも処方されるようになるかも知れません。長年うつに苦しまされることなく、平常通りの生活を送れるのであれば、患者にとっては極めて大きな進展となるはず。

https://buzzap.jp/news/20190309-esketamine-spray/

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552273900/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ