相互RSS


婚活では「身近な男性」を見直そう! 新規開拓よりオススメな理由がこちらwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/03/09(土) 23:28:31.53 ID:ID:mKptSbj49.net
 アラフォー婚活ブロガーのRikakoです。平成中に結婚相手を見つけるためのシリーズとして、今までに結婚相談所、ネット婚活、婚活パーティーを紹介しました。

 婚活中の人は、この3つのどれかで活動している人が多いのではないでしょうか。しかし、これらの婚活の場で出会う人は、「共通の知人がいない」というケースがほとんど。相手がどんな人なのか、本当に信用できるのかどうか、自身の目で見極めていかなくてはなりません。

 私は長年婚活をしていて、婚活の場で出会った人を好きになりにくいと実感しています。相手のことを好きになったり、気心が知れる前に「この人と結婚するかもしれない」という目で見てしまうから、気構えてしまうのです。

 そうなると、相手の長所よりも、まずは欠点に目がいきやすくなります。会話がかみ合わない、上手く女性をリードできない、言動にモラハラの気質を感じる、etc。一度、アラが見えてしまった相手は、もはやリカバリー不能。

 婚活をしていると、40代でもそれなりに出会いはあります。だから、「この人のここが気になるから私には合わない。もっといい人が他にいるはず!」と、さらなる出会いを求めるようになり、婚活の無限ループから抜け出せなくなるのです。

 結婚相手は条件重視! そういうタイプであれば、結婚相談所をはじめとする婚活の場での活動が合っていると思います。

 しかし、私はまず相手のことを好きにならないと、結婚したいとは思えません。でも、最近はこの「好きな気持ち」に変化が生じてきました。一緒にいるとドキドキしたり、燃えるような恋をしてから結婚したい。以前はそう思っていたのですが、今では一緒にいて落ち着く、穏やかな気持ちになれる人と結婚したいと思うようになってきたのです。

 一緒にいて気が楽。これは、結婚生活を続けるにあたり、とても重要なことだと思います。でも、私は今まで婚活で出会った人に、居心地の良さを感じることができませんでした。婚活の場では“結婚相手としてアリかナシか”という目で相手のことを見てしまいます。そして、自分自身も厳しくジャッジされている。そう思うとプレッシャーに感じてしまって、一緒にいても気が休まらなかったのです。

 婚活の場でも、地道に探せば自分に合った人は見つかると思います。しかし、私は長年活動していて出会えなかったので、心底婚活に疲れてしまいました……。私みたいなタイプは、婚活の場よりも趣味の場とか、少しずつ相手のことを知って仲良くなるパターンが向いているのだと思います。

 しかし、相手のことを知り、仲良くなるには時間がかかります。これだと「平成中に結婚相手に出会う!」という今回のテーマから逸れてしまう……。

 そこで、思いついたのが「今までの人脈を見直すこと」です。今まで私は合コンやパーティーなど、いろんな出会いの場に出向いて異性の知り合いを作ってきました。LINE交換だけだと、相手が誰なのか思い出せずにフェードアウトになるケースが多いのですが、Facebookで繋がっている相手は、タイムラインで近況を確認することができます。

 今から新しく出会って、一から関係を築いていくのはとても大変! でも、すでにある程度仲の良い知人・友人であれば、より親密になりやすいと思うのです。「久しぶりにご飯に行かない?」と一言連絡すれば、グッと距離が近づくかもしれません。

 誕生日や季節のイベント時にメールやLINEで挨拶したり、近況報告する関係であればチャンス大。思いきって自分のほうから声をかけてみましょう。

 前から密かに「いいな」と思っていた人も、ダメ元で連絡をしてみては。この際、元彼だっていいと思うのです。

 相手が独身であれば、未来の結婚相手になる可能性はゼロではありません。今すぐ、FacebookやLINEの友達、携帯の連絡帳などを見直して、気になる相手には片っ端から連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

https://joshi-spa.jp/907515

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552141711

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ