相互RSS


ナスカ近くで新たに25超える地上絵、ドローンで全容把握 – ロイター

[パルパ(ペルー) 28日 ロイター] – ペルー南部のナスカ地上絵近くのパルパの沿岸砂漠地帯をドローン(小型無人機)で調査したところ、新たに25以上の地上絵が見つかった。文化省の調査チームを率いる考古学者が明らかにした。見つかった地上絵にはシャチや踊る女性の姿などが描かれており、大半は2000年前のパラカス文明期に製作されたとみられている。ナスカより数百年前にあたる。地元住民が以前発見したものを…全文読む
Source: BLOGOS