相互RSS


働き方が多様化する時代において、単純な給与テーブルで評価はしきれない – 「賢人論。」第62回青野慶久氏(中編) – みんなの介護

ピーク時の離職率は28%と4人のうち1人以上が辞めていた状態から脱し、現在は3.8%にまで低下したというサイボウズ。その大改革を実現させることができたのは、「100人いたら100通りの働き方があってよい」という柔軟な発想があったからだ。中編では、“これからの日本における働き方”がどうなっていくのかについて青野氏の考えを聞いてみた。取材・文/ボブ内藤 撮影/小林浩一新卒社員でも100万円の年俸差が当…全文読む
Source: BLOGOS