相互RSS


自民党国防議員連盟「メイド・イン・ジャパンの将来戦闘機に向けて」 – 佐藤正久

今後10〜15年の間に退役が予定されているF-2の後継機を巡って、省庁関係者と共に日本航空宇宙工業会の皆さんも招いて議論を行った。今後の基本的な選択肢としては、①国内開発、②国際共同開発(新造機)、③既存機の派生機開発・購入の3点が考えられる。世界の主要国や新興国が最新鋭機を導入する中で、後継機には対空戦闘の観点から敵に見つかる前にこちらが先に見つけ、対艦攻撃の観点からは遠くで戦う能力等が欠かせな…全文読む
Source: BLOGOS