相互RSS


【保釈】ゴーンさん 「保釈金払って」ww←はいよ!「えっ??」

カルロスゴー(Carlos Ghosn、1954年3月9日 – )は、フランスの自動車メーカーのルノー、日本の自動車メーカーの日産自動車、三菱自動車工業の取締役。 ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括し、2010年以降全世界自動車市場の約10%のシ
53キロバイト (5,710 語) – 2019年2月27日 (水) 14:06

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
保釈金10億も払っても、まだまだお金あるのかなぁ??

1 ばーど ★ :2019/03/05(火) 14:09:36.37

特別背任などの罪で起訴されている日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について東京地方裁判所はさきほど3回目の請求に対して保釈を認める決定をしました。検察はこれを不服として準抗告するとみられますが、裁判所が退ければゴーン前会長は早ければ5日にも107日ぶりに保釈される見通しです。

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)は、みずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した金融商品取引法違反の罪や、日産の資金を不正に支出させた特別背任の罪で起訴され、去年11月の最初の逮捕以降5日まで107日間にわたって身柄を拘束されています。

ゴーン前会長側はことし1月にも2回にわたって保釈を請求しましたが、いずれも東京地方裁判所に却下され、先月からは著名な事件の裁判でたびたび無罪を勝ち取った実績がある弘中惇一郎弁護士らが新たに弁護を担当して、5日前に改めて保釈を請求していました。

この3回目の請求に対し裁判所はさきほど、ゴーン前会長の保釈を認める決定をしました。

保釈金は10億円だということです。

裁判所は特捜部や弁護士から改めて意見を聞くなどした結果、保釈を認めても関係者との口裏合わせなど証拠隠滅などのおそれは低いと判断したものとみられます。

検察は保釈を不服として準抗告の手続きを取るとみられますが、裁判所がこれを退け、保釈金を納めればゴーン前会長は去年11月の最初の逮捕から107日ぶりに保釈される見通しです。

ゴーン前会長はこれまで全面的に無罪を主張していますが、勾留が長期化し、ことし1月にはルノーの経営トップを辞任し、みずからが築き上げた日産、ルノー、三菱自動車の3社連合の経営トップを退いています。

保釈条件「住居は国内」「渡航禁止」

東京地方裁判所はゴーン前会長の保釈の条件を明らかにしました。

それによりますと、
▽住居は日本国内に制限され、
▽海外への渡航は禁止されています。

このほか詳細は明らかにしていませんが、証拠隠滅や逃亡を防ぐための条件も設けられているということです。

弁護士「早く認められ よかった」

ゴーン前会長の弘中惇一郎弁護士はNHKの取材に対し、「早く認められてよかったと思います。今後の方針についてはこれから検討します」と述べました。

日産「コメントする立場にない」

日産の広報部は「司法の手続きなのでコメントする立場にありません」としています。

2019年3月5日 12時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836371000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

(出典 www3.nhk.or.jp)

★1が立った時間 2019/03/05(火) 12:47:07.21
前スレ
【速報】日産ゴーン前会長の保釈金は10億円 早ければきょうにも保釈へ 東京地裁
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551757627/

住居は国内」「渡航禁止」

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!