相互RSS


「体罰は当たり前」日大アメフト部OBが語る“暴力の伝統” – 女性自身

5月6日、関西学院大学との定期戦で行われた日本大学アメリカンフットボール部の“反則タックル”。22日にタックルを行った宮川泰介選手(20)が会見を開き、監督とコーチの指示だったことを明らかにした。それに対して、内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)は24日に会見を開き、反則タックルが宮川選手の“誤解”に基づくものと主張した。’03年に大学日本…全文読む
Source: BLOGOS