相互RSS


籠池被告"10か月"ぶり保釈 長期勾留は裁判所の忖度?日本の"人質司法"とは – AbemaTIMES

補助金詐欺事件で10か月にわたって勾留されていた森友学園の前理事長・籠池泰典被告と妻の諄子被告が保釈された。 25日午後5時過ぎ、スーツ姿で拘置所を後にした籠池被告は、妻の出所を待つかのように拘置所内を見つめていたが、やがて促されて車内に乗り込んだ。続いて姿を現した諄子被告は深々と拘置所に向けて頭を下げ、夫の待つ車へと向かっていった。そして2人は会見が開かれる大阪弁護士会館へと向かった。■話題を振…全文読む
Source: BLOGOS