相互RSS


【悲報】「2040年に社会保障費190兆円」で格差は拡大する・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/05/26(土) 21:07:26.21 ID:CAP_USER.net
政府は5月21日、2040年までの「社会保障の将来見通し」を初めて発表した。それによると社会保障給付費の総額は、名目成長率を1%台とした場合の「ベースライン・ケース」で、2025年に140兆円、2040年に190兆円になる見通しだ。

・・・と書いても数字が大きすぎてピンと来ないだろうが、2040年には人口が1億人に減る一方、「団塊ジュニア」が引退して高齢者の数がピークを迎える。人口の約4割が、65歳以上になるのだ。それは想像しにくいが、確実に来る未来である。

2040年に消費税率は30%になる
 次の図は、経済財政諮問会議に提出された政府の見通しだ。これによると2040年の社会保障給付費は「計画ベース」で190兆円(GDP比24%)になり、そのうち年金が73.2兆円と最大で、医療費が68.5兆円。伸び率が大きいのは介護で、今の2.5倍になる。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53173

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1527336446/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ