相互RSS


【そこまで?】飲み会の幹事の新人社員を指導するイタい先輩がヤバイwwwwww【コメント記載あり】

 社会人になり、新人や若手社員であれば会社の飲み会で幹事をする機会もあるのではないでしょうか。学ぶことも多い一方で、慌ただしい時期だと「やることが増えて大変!」というのが本音でもありますよね。

ハラスメントを受ける女性、セクシャルハラスメント
※画像はイメージです(以下同じ)

「昨年の年末は、先輩に軽い殺意を覚えましたね」

 苦い顔でそう語るのは、人材系の会社に入社をして2年目になる葵さん(仮名・25歳)です。

中堅社員が飲み会幹事のアドバイザーに

 葵さんの会社では、課ごとで飲み会を開催し、その幹事は新人がやるという決まりがあるそうです。

「20人ほどの課の飲み会を新人2人でするので、先輩社員が指南役として入るんです。去年は飲み会の幹事が得意だと豪語する、入社5年目のYさん(27歳)という男性がアドバイザーとして入ることになりました」

 葵さんによると、Yさんは普段からやたらと新人に先輩風を吹かせてくる、ちょっと面倒な先輩だそうです。

「私の課は、年末に忙しさがMAXになるんですよ。とにかく忙しい。だから幹事を任された同期と『とりあえず、お店を先におさえて余興はビンゴでいいよね。景品は当日に会社の近くで買おう』という話をしていました」

忙しい年末に先輩から指導が始まる

 会社近くの居酒屋の個室をおさえて、安心していた葵さんにYさんからのダメ出しが始まります。

「ある日、Yさんから『飲み会について』という名前の会議依頼が1時間入りました。残業続きで、スケジュールパンク状態のときに、1時間も無理やり会議をねじこまれていたんです。正直、ちょっとげんなりしました」

 そして、葵さんと同期がYさんとの会議に出席すると、Yさんはいきなり説教を始めたといいます。

「Yさんは最初から激怒していて『飲み会の幹事たるもの、早めの段階でアドバイザーの先輩に自分から会議依頼をして、会の目的や予算を確認するべきだ』と言いました。

『幹事がろくにできないやつに、仕事はできないからな!』と。それはごもっともだと思うんですけど、重大なミスをしたかのような怒られかたをして、びっくりしてしまいました」

飲み会でPDSサイクルをまわすって?

 葵さんはぐったりした様子で話を進めます。

「その後、Yさんから自作の企画書のフォーマットを渡されました。『なぜ飲み会を開くのか、会の目的はなにか、そのためのゴールはどこにあるのかを明確にして、そのためにどのお店を予約して、余興はどうするのかを考えて企画書を埋めるように』と言われたんです」

 これはいわゆるPDSと言われ、計画(Plan)を立て、実行し(Do)、結果を振り返り(See)、次の仕事に生かす、というサイクルです。仕事ならまだしも飲み会だと聞いているこちらまで面倒な気持ちになってきます。

「その後、同期と企画書を書いたのですが『みんなで仲良く飲んで、1年の疲れを癒す』くらいしか書くこともなくて……。でもそれだと企画書はスカスカで全然埋まらないので、無理やり文字数を増やして、必死で企画書を作りました」

再度、飲み会のことで1時間も取られ……

飲み会

 なんとか飲み会の企画書を書いてYさんに提出をしたという葵さん。すると、Yさんからメールで返信がきたと言います。

「再度『飲み会フィードバック』というタイトルで会議依頼がきました(笑)。昼食を自席で食べながら仕事をするほど業務がつまっていたので、このことで1時間も取られることが忌々しかったです。

 会議では『PLANに対して、DOがなってない』『予約したお店も余興もおかしい。お互いの理解を深め合うのになんでビンゴなのか』と1時間に渡りフィードバックをされました」

残業後に自宅で余興の準備をするハメに

 結局、飲み会の予定はどうなったんでしょうか。

「事前に予約したお店はキャンセルして、いくつか候補をあげてYさんにお伺いを立てたうえで決めました。余興はクイズ大会になりました。メンバーの出身地や血液型・趣味などを当てあうクイズだったので、事前に問題を考えて、回答用紙、答えを用意することになり、さらに仕事が増えました」

 葵さんと同期は、残業後にさらに持ち帰ってクイズの問題を作り、パワーポイントで当日の資料を作成したそうです。

「今思えば、Yさんはそんなに仕事ができる先輩ではなく、そもそも業務量も少なく暇だったんでしょうね。そのわりに先輩風を吹かせたいタイプというか。過去5年の自作の飲み会のレポートを持ってきたときは、流石にドン引きしました」

最後はYさんが良いところを持っていった

飲み会について」の会議は、都度Yさんによって開催されていたそうですが、会の2週間前から定例会になったと言います。

「『こんなんじゃ間に合わないから』とYさんが言い出し、3日に1回定例会が開かれて、そこで進捗報告をさせられました。さすがに殺意が湧いたんですけど、あと2週間の辛抱だと我慢しました」

 用意周到に準備された飲み会は成功したのでしょうか。

「当日のスケジュールも分刻みで作らされて、司会の台本も用意したのでさすがに成功しましたね。余興も盛り上がってみんな楽しんでくれました。でも、最後の諦めのあとに、Yさんがしゃしゃり出てきたんです」

 Yさんは「今日は新人さんも慣れないなりに、一緒にがんばってくれましたー。僕の指導によくついて来てくれました。幹事を手伝ってくれてありがとう!」と、さも全て自分がやったかのようにアピール。「そうなる予感は薄々と感じていたので、もはや驚かなかったですね」と葵さんは淡々と振り返ります。

新人社員が学んだ「諦めの飲み会哲学」

凍結路面を歩く人

 葵さんは飲み会振り返ります。

「みんなが楽しんでくれたから、それはよかったです。運営や準備の面で学ぶこともありました。でも、一番の学びは自分が中堅社員になっても、Yさんのような先輩になってはいけないということですね」

 ちなみに飲み会の翌日、葵さんはYさんに「SEE項目も追加して企画書を再提出してね」と言われたとか。

 葵さんとしては、殺意を覚えながらも今回の幹事で学ぶこともたくさんあったようです。とはいえ、個人の欲求を満たすために新人を必要以上に巻き込むのは勘弁してほしいところですね。

TEXT/瀧戸詠未 イラスト/デザイア恵利>

【瀧戸詠未】

フリーライター。教育、ビジネスを中心に記事を執筆中。お酒と食べ歩きとひとり旅が趣味。Twitterは@eieieiko2

(出典 news.nicovideo.jp)

最悪だなぁwwww

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!