相互RSS


日大の学長と監督は、だれに謝罪したのか – PRESIDENT Online

日大アメフト部の危険タックル問題で、日大の大塚吉兵衛学長が一連の対応について謝罪した。この問題では内田正人前監督も記者会見で謝罪している。しかし内田前監督は危険タックルについて「私からの指示ではない」と述べ、選手の証言とは食い違ったままだ。彼らの謝罪は、いったいどこに向けられたものだったのだろうか――。2018年5月25日、アメリカンフットボールの悪質タックル問題の記者会見で、頭を下げる日本大学の…全文読む
Source: BLOGOS