相互RSS


【唖然】凍った池に閉じこもり、、、その先で見た光景が衝撃的すぎる【動画あり】

0_e1

 凍えるように寒い冬、たっぷり洋服を着て、暖房器具を使いその寒さに備えるだろう。だが、寒さが厳しい湿地で暮らすアリゲーター(ワニ)はどうしているのだろう?

 彼らは冬を越すために素晴らしい方法を考案した。

 冬眠だ――その真っ最中の彼らの姿が今話題となっている。

―あわせて読みたい―

ちょっと通りますどころじゃないよ!フロリダ州で巨大ワニが出没(アメリカ)

ワニと結婚した市長。結婚式で誓いのキスを!(メキシコ)

20世紀のアメリカでは、子どもがワニに乗るのがトレンドだった。ワニと触れ合える楽園「ワニ農場」

リーダーはワニ。ゴルフ場を横断するワニの後についていくガチョウの家族(アメリカ)

ワニに襲われた時の対処法。陸上編・水中編


Alligators stick noses out of ice covered swamp in North Carolina | Video

鼻先以外を凍らせて眠るアリゲーター

 アメリカ・ノースカロライナオーシャンアイル・ビーチにあるシャーロット・リバー・スワンプ・パークの、26万平米の自然公園の池の中で、寒い冬を過ごすアリゲーターの様子が撮影された。

1_e0

 ぱっと見、氷漬けになっているその姿は、死んでしまったように見えるかもしれない。だが、氷の上にある鼻先からきちんと息をしているのだ。

 もし何かが彼らに近づいても気にも留めないだろう。凍結した水の中で忘却に沈み込み、ひたすらじっとしている。

 アリゲーターは水が氷点下に近づくと、それを感知することができる。すると絶好のタイミングで鼻先を水面に出すのだ。

2_e1

爬虫類の冬眠「ブルメーション」

 爬虫類の冬眠は英語で「ブルメーション(brumation)」といい、哺乳類と鳥類の「ハイバネーション(hibernation)」と区別されている。

 どちらも似た現象だが、まったく同じではない。

 変温動物である爬虫類がブルメーションをすると、その代謝速度は大きく落ちる。極端な低温への反応として、体が昏睡状態になる。

 しかしハイバネーションほど深く、持続的な眠りではない。

 それが証拠に、通常アリゲーターは沼地の底でブルメーションをするが、ときおり空気を吸ったり、水を飲んだりするために目を覚ますのである。

爆弾低気圧の寒さから身を守るために水の中へ

 変温動物であるアリゲーターは自分の体温をコントロールすることができない。そのために暑いと感じれば、水に入って泳ぐ。

 そして寒いと感じれば、一番暖かいところに行く。普通なら日光浴をするのだ。

 しかし最近、東海岸を爆弾低気圧が襲った。爆弾低気圧が停滞していれば、太陽が顔を覗かせる時間は短くなる。

 そこでアリゲーターはあえて水の中に潜った。沼の中の方が大気にさらされているよりも暖かいからだ。

 だが同時に水は氷点下に近づき凍結しようとしていた。そこでアリゲーター生存戦略の微調整を図った。鼻先を凍った水面から突き出して、水が凍ってしまう季節の間の空気を確保することにしたのだ。

 数日後、水が溶けて出てきたアリゲーターが体調を崩したような雰囲気は特になかったそうだ。

References:Alligators Survive Winter by Letting Swamp Freeze Every Part of Body but Nose/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52270398.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類・寄生虫についての記事―

これがウェザー・リポートの攻撃だとすると殺傷力高すぎる!空から大量のクモが降るという事象が発生(※クモ出演中

タランチュラの赤ちゃんが生まれたよ!卵嚢の中で約1000匹が元気いっぱいにうごめいているよ(※クモ出演注意)

銀河のような目を持つカエルのロミオ。種最後の生き残りと考えられていたが10年後、ついにジュリエットと巡り合える

最強の衛生兵はウジ虫なのかもしれない。戦争地帯で負傷した兵士の傷の治療にウジ虫が導入される予定(イギリス・アメリカ・オランダ)

最強のボディーガードはワニだった。20年以上ワニと暮らすおじさん(タイ)

―知るの紹介記事―

ちゃんと生きてます。凍った池に閉じこもり、鼻だけ出して冬眠するワニ(アメリカ)

宇宙空間での最大の死因は?もし死んだ場合、その遺体処理はどうする?

偶然そうなったのか?狙ってたのか?頭の中がざわついてしまう世界15の遊具

想像力が恐怖や不安の克服に役立つ。実際にその恐怖に危険がないことをイメージするだけでも効果があるという研究

世界保健機関(WHO)が警鐘を鳴らす、世界の健康に対する10の脅威

ちゃんと生きてます。凍った池に閉じこもり、鼻だけ出して冬眠するワニ(アメリカ)

(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 mangatop.info)
大丈夫か?

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!