相互RSS


【宗教】 戒名は仏の弟子になった証し、極楽浄土での名前。「戒名で性別分かってしまう」LGBTについて仏教界が議論。

戒名って必要なの? 金額のランクに不満も…仏教界は – 朝日新聞
性的少数者への関心が高まるなか、男女で違いがある「戒名」について仏教界が議論を始めた――。そうした動向を記事にしたところ、フェイスブックやツイッターで多くの反響 …
(出典:朝日新聞)
戒名(かいみょう)は、仏教において受戒した者に与えられる名前である。仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。 上座部仏教と大乗仏教の両方で行われており、多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられる。上座部では出家後に南伝仏典に残る阿羅漢に変名するため、その意味で「法名」と呼ぶ。
20キロバイト (3,120 語) – 2018年10月21日 (日) 00:19

(出典 funkotu.jp)
「極楽浄土での名前」・・・考えたことなかったわ。

1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/26(土) 15:24:40.71

戒名って必要なの? 金額のランクに不満も…仏教界は

 性的少数者への関心が高まるなか、男女で違いがある「戒名」について
仏教界が議論を始めた――。そうした動向を記事にしたところ、
フェイスブックやツイッターで多くの反響があった。
そもそも、戒名は何のためにつけるのか。専門家に話を聞いた。

「戒名で性別分かってしまう」性的少数者を仏教界も尊重

 戒名は仏の弟子になった証しだ。宗派によって異なるが、位号と呼ばれる
部分に、男性は「居士(こじ)」「信士(しんじ)」、
女性は「大姉(だいし)」「信女(しんにょ)」などとつけ、男女で違いがある。
心と体の性が違う人にはどうしたらいいか仏教界が悩んでいる。
記事は、こんな内容だった。

 19日に朝日新聞デジタルで紹介すると、フェイスブックのシェアは
1900件を超えた。「性別に関係のないニュートラルな戒名を開発して
ほしい」といった反応に加え、「戒名はいらない。付けてもらうのに
お金のランクがある」といった不満の声が上がった。

 日本仏教における供養の歴史に…(有料会員限定記事 )

朝日新聞・岡田匠(2019年1月26日12時07分 )
https://www.asahi.com/articles/ASM1R7SW2M1RPTIL03S.html?iref=comtop_8_02

仏壇店に並ぶ位牌(いはい)。戒名が見本として示されている
=2019年1月24日、大阪市、岡田匠撮影

(出典 www.asahicom.jp)

続きを読む

Source: ニュースYeah