相互RSS


【大阪国際女子マラソン】小原怜が日本勢最高の2位。20年東京五輪代表選考会「MGC」の出場権を懸けた大会。

サドが優勝、小原2位 大阪国際女子マラソン – ニコニコニュース
20年東京五輪代表選考会「MGC」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが27日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とするコースであり、ファツマ・サド( …
(出典:ニコニコニュース)
大阪国際女子マラソン(おおさかこくさいじょしマラソン、英語: OSAKA Women’s Marathon)は、新春の大阪・なにわ路を舞台に繰り広げる国際マラソンである。1982年から開催。ただし、第1回〜第3回は「大阪女子マラソン」の名称で実施され、「大阪国際女子マラソン
80キロバイト (7,034 語) – 2019年1月27日 (日) 06:11

(出典 www.osaka-marathon.jp)
やったね!! 2位は素晴らしい!

1 ニーニーφ ★ :2019/01/27(日) 15:00:17.25 ID:WvCEyYyn9.net

大阪国際女子マラソン(27日、ヤンマースタジアム長居発着)
2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)
への出場権が懸かる大会。16年名古屋ウィメンズマラソンで1秒差でリオ五輪代表の座を逃し、
既にMGC出場権を得ている小原怜(28)=天満屋=が2時間25分46秒で日本勢最高の2位に入った。
福士加代子(36)=ワコール=は12キロ過ぎに転倒した影響で35キロ過ぎで棄権。
ファツマ・サド(27)=エチオピア=が制した。

昨年の名古屋ウィメンズとベルリンを2時間27分台で走り、ワイルドカードでMGC出場権を手にした。
今大会の出場者ではただ一人のMGCファイナリストが、意地を示した。

https://www.sanspo.com/sports/news/20190127/ath19012712090008-n1.html

福士、転倒&出血で棄権 MGC出場権獲得ならず/大阪国際女子
 
大阪国際女子マラソン(27日、ヤンマースタジアム長居発着)2020年東京五輪マラソン代表選考会
「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)への出場権が懸かる大会。
出場5度目の福士加代子(36)=ワコール=は12キロ過ぎに転倒した影響で棄権した。

14位だった2016年リオデジャネイロ五輪以来、2年半ぶりのマラソンに挑む福士は、
12キロ過ぎに大森菜月(24)=ダイハツ=と接触し転倒。地面に頭を打ち付け、
右目上と左膝から出血する中、小原怜(28)=天満屋=と先頭集団に食らいついた。
25キロ過ぎで優勝争いから脱落すると、31キロ付近でいったん、足を止めた。
再びレースを再開するも次々と後続に抜かれ、MGC出場権が遠ざかった。

https://www.sanspo.com/sports/news/20190127/ath19012714200011-n1.html

続きを読む

Source: ニュースYeah