相互RSS


【記録捏造】元大阪大学准教授、東日本大震災も不正か 熊本地震で捏造指摘 ※継続

元准教授、東日本大震災も不正か 熊本地震で捏造指摘 – BIGLOBEニュース
2016年の熊本地震で、現地で観測したとしていた震度7の記録を捏造と指摘された後に退職した元大阪大准教授が、11年の東日本大震災などでも不正をしていた疑いが …
(出典:BIGLOBEニュース)

(出典 i0.wp.com)
何だかよくわからない・・・

1 次郎丸 ★ :2019/01/26(土) 19:12:29.41 ID:BTk+26bv9.net

元准教授、東日本大震災も不正か 熊本地震で捏造指摘
2019.1.26(Sat) デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/society/main/2019/01/26/0012012025.shtml

 2016年の熊本地震で、現地で観測したとしていた震度7の記録を捏造と指摘された後に退職した元大阪大准教授が、11年の東日本大震災などでも不正をしていた疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。

 元准教授らは16年4月16日未明にあった震度7の揺れを、震源に近い熊本県益城町内に設置した地震計で観測したと発表。大きな注目を集めたが、17年10月に元准教授が所属する土木学会などに不正の告発があり、阪大が調査を開始。元准教授は間もなく退職した。

 新たに不正の疑いが強いとされるのは東日本大震災での藤沼ダム(福島県須賀川市)などの揺れの記録。

関連
【社会】東日本大震災でも観測記録不正か 熊本「震度7」ねつ造指摘された元大阪大准教授
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548494761/

続きを読む

Source: ニュースYeah