相互RSS


【大阪国際女子マラソン】浦沢直樹が描き下ろした「第38回大阪国際女子マラソン」のイメージキャラクター公開。大会キャッチコピー「待ってろ、東京。」

御堂筋に浦沢直樹さんのPRバナー掲揚 大阪国際女子マラソン – 産経ニュース
27日に開催される「第38回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、奥村組協賛)を前に、コースとなる大阪・御堂筋に7日、大…
(出典:産経ニュース)
浦沢 直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 – )は、日本の漫画家。東京都府中市出身。府中市立府中第四中学校、東京都立富士森高等学校、明星大学人文学部経済学科卒業。1983年デビュー。漫画賞の受賞が多く、手塚治虫文化賞大賞を2度受賞している唯一の漫画家である。コミックスの売り上げは日本国内だ
24キロバイト (3,074 語) – 2019年1月26日 (土) 08:21

(出典 i.ytimg.com)
全部で3種類あるんだって。

1 しじみ ★ :2018/12/10(月) 15:34:24.07 ID:CAP_USER.net

浦沢直樹が、2019年1月27日に開催される「第38回 大阪国際女子マラソン」のイメージキャラクターを描き下ろした。そのキャラクターを使用した、大会メインビジュアルもお披露目されている。

イメージキャラクターをマンガ家が手がけることは、38回目を迎える大会の歴史において初。浦沢を起用した理由について、カンテレ・スポーツ部の澤田淳司プロデューサーは「『YAWARA!』や『Happy!』をはじめ浦沢さんの作品は、綿密な取材に基づいたリアリティーがあり、登場する女性キャラクターの表情が非常に印象的だと感じていました。大会のキャッチコピーでもある“待ってろ、東京。”という東京五輪を目指すマラソンランナーの胸に秘めた想い、孤独に打ち勝つ姿や内面の強さを表現するのに、浦沢さんの描くキャラクターがピッタリだと思い、オファーいたしましたが、まさか受けて下さるとは思いませんでした!」とコメントを寄せた。

大会メインビジュアルは、12月12日からカンテレ本社社屋に掲出予定。2019年1月上旬からは、大会のコースの一部でもある御堂筋沿道にバナーフラッグとしても登場する。

「カンテレ開局60周年特別番組 奥村組スポーツスペシャル 第38回大阪国際女子マラソン」
放送日時:2019年1月27日(日)12:00~
放送局:カンテレ・フジテレビ系全国ネット


(出典 cdnx.natalie.mu)

https://natalie.mu/comic/news/311447

続きを読む

Source: ニュースYeah