相互RSS


【イオンモール】日本一の流通業。「イオンがあれば安心」「イオンは自分たちの味方」「イベントも楽しい」

イオンモール/中国出店強化で機構改革 – 流通ニュース
イオンモールは1月21日付で、機構改革を実施した。中国事業におけるドミナント出店を加速させ、新規出店に加え既存モールの更なる価値向上を図るため、運営業務を主と …
(出典:流通ニュース)
イオンモール天津市4号店が出店決定! 「イオンモール天津津南」出店および概要について イオンモール 2015年10月26日掲載・11月11日閲覧 ^ イオンのベトナム4号店 「イオンモール ビンタン」出店のお知らせ イオンイオンモール 2015年6月29日掲載・9月7日閲覧 ^ 「イオンモール カンボジア2号店」の出店を決定 1号店「イオンモール
38キロバイト (4,505 語) – 2018年12月22日 (土) 13:27

(出典 job-gear.net)
イオンモールは楽しいね。

1 僕らなら ★ :2019/01/26(土) 11:06:32.59

日本一の流通業「イオングループ」は、日本の郊外の風景を一変させた。そんなイオンは30代以下の世代にとって「子供の頃から慣れ親しんだ場所」だ。マーケティングライターの牛窪恵氏は「『初デートはイオン』と語る若者も多い。イオンは今や『インフラ』になった。人々の営みがイオンに集中する現象はこれからも続くだろう」と分析する――。

■親とイオンが心地いい若者たち

今の30代やその下の世代に、「結婚しても、実家の近くに住みたい」「そこにイオンがあればなおよい」と考える男女が増えています。

多くの若者が、少しでも早く親元を離れて、都会や海外へ出て活躍したいと願った時代がありました。当時の憧れは、ちょっと背伸びした高級ブランドや、おしゃれなロフト付きのワンルームマンション、そしてカッコイイ車。しかし、もはやそれは今の20~30代にとって、理想とする姿ではないのです。

街に、等身大のイオンがあれば安心。イオンは自分たちの味方で、日常使いで困ることはほとんどない。そして今は「休日レジャー」の場としてすっかり定着し、友人や家族と娯楽を楽しむ場としても利用できます。

なぜ、そしていつから若者は、イオンを求めるようになったのでしょうか。

(以下省略)

http://news.livedoor.com/article/detail/15923469/
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548432728/

続きを読む

Source: ニュースYeah