相互RSS


アメリカで給与が良いのは、製薬・エネルギー・ハイテク – 沢利之

WSJにS&P500社の一般従業員給与(中央値)に関する記事がでていた。米国で話題になるのは、経営トップがどれほど稼いだか?という話で、一般従業員の給与はそれほど話題にならなかった。ところがドットフランク法による従業員給与の開示が今年から施行されることになり、会社毎の一般従業員の給与水準が明らかになった。記事のタイトルはBest-Paying industry? It’s not bank…全文読む
Source: BLOGOS