相互RSS


【アピール】黒沢年雄 ‷コスプレ‴ で「渋谷の街」を散歩!

黒沢年雄 (くろさわ としお、1944年2月4日 – )は、日本の俳優・歌手。本名・旧芸名(2000年に改名)、黒沢 年男(読み同じ)。株式会社プロダクション・クロ代表取締役。神奈川県横浜市西区出身。日本大学高等学校中退。弟はくろさわ博(元ヒロシ&キーボー)。妻は街田リーヌ(本名・街子、旧姓・宮崎
24キロバイト (2,861 語) – 2018年12月23日 (日) 16:51

(出典 www.biscuitrecords.jp)
やすらぎ(黒沢年男)
(出典 Youtube)
動画は「やすらぎ(黒沢年男)」の映像をUPしました🌸

1 湛然 ★ :2019/01/15(火) 05:00:41.34 ID:lZA/g3X69.net

1/14(月) 18:37 東スポWeb
74歳・黒沢年雄が妙なコスプレで渋谷に登場「何でもやる」と27年ぶり新曲アピール

 夢グループの通販番組でおなじみの俳優・黒沢年雄(74)が14日、新曲「ゆかいなじいちゃん」(30日発売)の発売を記念し、ブラックジャック風のコスプレ姿で渋谷の街を愉快に練り歩いた。

 この日、同所では大道芸フェスティバル「ヘブンアーティスト in 渋谷」が行われており、一帯は歩行者天国になっていた。黒沢は興味を持って近づいてくる人たちを横目で見ながら、スキップで街を練り歩き「変身して歩いたら誰か分からないので楽しい。皆ニコニコしているし、僕自身も楽しかった」と満足げな笑みを浮かべた。

 続けて「芸能界にはスターがたくさんいる。俳優としても歌手としても、僕の立ち位置はもうない。すでに終わった人間。芸能人としては、やれてあと5年くらいだと思う。それでも、芸能人の使命として、最後に皆さんを楽しませたい。そのためには俳優だというプライドや羞恥心を捨て去り、何でもやる」と胸中を激白した。

 さらに「今は元気だが、足腰が立たなくなり、セリフが入らなくなったらスパッと芸能人を辞める。80歳を過ぎたら病気になっても手術をせず、静かにキレイに去るつもり。死ぬのは怖くない。人生最後の挑戦で皆さんを愉快にさせたい」ときっぱり。27年ぶりの新曲には、並々ならぬ思いが込められている。

 覚えやすいメロディーと老若男女が口ずさめる単純明快な歌詞が売り。黒沢は「今時、普通の曲を出しても売れないからね。最後に紅白に1回だけ出たい。『やすらぎ』『時には娼婦のように』を大ヒットさせたのに、出してもらえなかった。(過激な歌詞で)放送禁止だったからしようがないけどね」と、憧れの舞台への出場を夢見た。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

黒沢年雄

(出典 amd.c.yimg.jp)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000018-tospoweb-ent


(出典 contents.gunosy.com)

//rot7.a8.net/jsa/ed0737433918e2d1cc8fa636010eabfd/73f7634ab3f381fb40995f93740b3f8a.js
//rot3.a8.net/jsa/ed0737433918e2d1cc8fa636010eabfd/f803dfeb3583d5099a58a7478f28bd75.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch