相互RSS


【8050問題】親も子も老いていく…年々深刻化していく問題…年金だけでは持ちこたえられない。

平成の社会問題「引きこもり」への支援はどこへ向かうのか – ダイヤモンド・オンライン
平成最後の年が終ろうとしている。振り返れば、平成は「引きこもり」という言葉が広く認知された時代でもあった。この30年間で、引きこもりへの支援の在り方も大きく変わっ …
(出典:ダイヤモンド・オンライン)
8050問題(はちまるごおまるもんだい)とは、現代日本に発生している家族に関する問題。 引きこもりの若者が存在していたがこれが長期化すれば親も高齢となり、収入に関してや介護に関してなどの問題が発生するようになる。これは80代の親と50代の子の親子関係での問題であることから「8050問題」と呼ばれるようになった。
2キロバイト (314 語) – 2018年8月24日 (金) 02:42

(出典 blogimg.goo.ne.jp)
何とか手を打たなければ・・・

1 風吹けば名無し :2018/07/25(水) 11:59:01.50 ID:NM4qO8980.net

https://news.yahoo.co.jp/feature/1029
いま、30代の引きこもりは22万人以上いるという。その人たちがそのまま50代になったら? 頼りの父母らが80代前後になり、働けなくなったり他界したりしたら? 
そのとき、引きこもりの当事者はどうなるのだろうか。ある当事者は「親が*だら自分も*しかない」と言う。80代の親と50代の引きこもりの子ども。そんな「8050問題」が、いよいよ社会に広がろうとしている。
「自己責任だ」として社会は彼らを見放していいのか、何か手立てを講じるべきか。孤立感と焦燥感を深める当事者を訪ね歩いた。(Yahoo!ニュース 特集編集部)

続きを読む

Source: ニュースYeah