相互RSS


【追悼行事に幕】1.17阪神大震災、震災発生時刻の午前5時46分の夜明け前追悼「限界」で取りやめ相次ぐ

ビーナスブリッジの追悼行事、高齢化で幕 阪神大震災 – 朝日新聞
神戸市中心部を一望できる六甲山麓(さんろく)の諏訪山公園ビーナスブリッジ(同市中央区)で、毎年1月17日早朝に開かれてきた阪神・淡路大震災の犠牲者を悼むつどい …
(出典:朝日新聞)
阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害のことである。 1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2
196キロバイト (27,460 語) – 2019年1月7日 (月) 13:59

(出典 blogimg.goo.ne.jp)
阪神大震災
(出典 Youtube)
真冬の早朝は、特に高齢者にとっては、つらい。

1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/13(日) 21:27:28.00

阪神大震災、夜明け前の追悼「限界」取りやめ相次ぐ

 17日で発生から24年となる阪神大震災の追悼行事を取りやめる動きが、
兵庫県内で相次いでいる。背景には被災者の高齢化が進んだことに加え、
夜明け前の行事に出席する身体的負担も。行事の減少傾向は近年続いており、
関係者からは「震災の風化につながる」と懸念する声も上がる。

 「百万ドルの夜景」を一望できる神戸市中央区の諏訪山公園・
ビーナスブリッジで、震災翌年から毎年行われてきた「早朝追悼のつどい」。
実行委員会は昨年11月、震災24年となる今回での終了を決めた。

 つどいでは毎年、震災発生時刻の午前5時46分に追悼の鐘を鳴らし、
遺族らが黙祷(もくとう)。トランペット奏者、松平晃さん(76)=川崎市=が
犠牲者に向け追悼の音色を響かせてきた。平成19年の十三回忌でいったん
終了となったが、存続を望む市民の声を受け、翌20年以降も被災者ら
有志の実行委で続けてきた。

 しかし、実行委のメンバーの多くが80~90代と高齢になり、
健康面に不安を抱える人が増加。冬は路面が凍ることもある暗い山道を
登ることも危険なことから、今回で区切りとする。実行委の委員長を
務める安田秋成さん(93)は「街の明かりとともに犠牲者をしのぶ
貴重な式だった。追悼の場が減るのが残念だ」と肩を落とす。

 高齢化などを理由に取りやめるケースは、兵庫県内で相次いでいる。
神戸市の市民団体「市民による追悼行事を考える会」の調査によると、
今年1月17日前後に予定される追悼行事は昨年12月時点で計53件。
昨年よりも3件減り、震災20年の節目だった27年の110件からは
半減した。

 1月17日に鐘を鳴らす寺院などもここ10年で半減し、近年は正午に
遅らせるケースも目立つ。同会の世話人、計盛(かずもり)哲夫さんは
「この傾向が震災の風化につながらないようにしたい」と話している。

 夜明け前の追悼行事は身体的な負担が大きいとして、開催時間を
見直す動きもある。

 神戸市長田区の復興住宅「フレール・アスタ若松」では毎年、
震災発生時刻に合わせ、敷地内の復興記念碑前で追悼行事を開催してきた。
しかし、参加者の大半が80歳を超え、数年前から「寒さの厳しい夜明け前に
集まるのは体力的にきつい」との声が上がった。自治会は昨年11月、
役員会で行事の取りやめを提案し、全会一致で承認された。

 一方で、復興住宅内で毎月開いている交流会「ふれあい喫茶」を初めて
17日朝に開催する。住民や若い世代に向け、震災当時や復興の道のりを
語り継ぐ内容という。実行委副委員長の船引康義さん(53)は「時刻に
こだわるのでなく、あの日を思い出し、犠牲者をしのぶことが大切だ」と
強調している。

産経新聞(林信登、1/13(日) 19:28配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000534-san-soci

続きを読む

Source: ニュースYeah