相互RSS


【経済】フジテレビ衝撃… ゴールデンの正月特番でまさかの「2.2%」の歴史的低視聴率…スポンサー激怒で局員真っ青 フジ凋落止まらず

フジテレビ年末年始番組は全部1桁の惨事 テレビ朝日系『芸能人格付けチェック』19.7%|ニフティニュース – ニフティニュース
元日放送のテレビ朝日系『芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル』は視聴率19.7% フジは関ジャニ∞村上信五の特番、フロイド・メイウェザー参戦の『RIZIN.14』が …
(出典:ニフティニュース)

(出典 livedoor.blogimg.jp)
視聴率って大事なんだよね。

1 スタス ★ :2019/01/12(土) 13:48:53.30

「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

 1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

2019.01.10 07:10
https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1

続きを読む

Source: ニュースYeah