相互RSS


「りんご病」ウイルス性疾患の一つ、ほっぺたが赤くなる感染症。妊婦さんは気を付けてね。東京都が初の流行警報。

リンゴ病流行 妊婦に医師警鐘 | 2019/1/5(土) 1:29 – Yahoo!ニュース
両頬がリンゴのような色になる伝染性紅斑(通称リンゴ病)が首都圏や東北を中心に流行。妊婦が感染すると胎児に悪影響を及ぼし、流産や死産につながる恐れもあり、医師 …
(出典:Yahoo!ニュース)
伝染性紅斑 (りんご病からのリダイレクト)
伝染性紅斑(でんせんせいこうはん、英: Erythema infectiosum)とは、第5病(Fifth disease)とも呼ばれ、ヒトパルボウイルスB19による感染症である。紅斑を主症状とする発疹性疾患。リンゴ病という通称がよく知られている。 単鎖DNAウイルスのヒトパルボウイルスB19の初感
8キロバイト (1,162 語) – 2019年1月8日 (火) 05:43

(出典 kininaruhatena.com)
妊婦さんには気遣いを!

1 カーフブランディング(宮城県)@\(^o^)/ :2015/06/28(日) 09:42:36.52 ID:GJCLpkYT0●.net BE:306345251-PLT(14001) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
「りんご病」東京都が初の流行警報

顔のほおなどに発疹ができて赤くなる「伝染性紅斑」、いわゆる「りんご病」の患者が東京都内で急増していることから、都は16年前の調査開始以来、初めて流行警報を出し、うがいや手洗いなど、予防の徹底を呼びかけています。

「伝染性紅斑」、いわゆる「りんご病」は、かぜのような発熱やけん怠感が出た後、ほおや腕などに
発疹ができて、りんごのように赤くなるウイルス性の感染症です。

東京都によりますと今月21日までの1週間に都内で報告があった患者数は331人に上り、
台東区や練馬区、八王子市など8つの保健所の管内で1医療機関当たりの患者が警報レベルの
基準の2人を超えたことから、都は「りんご病」の流行警報を出しました。都が流行警報を出すのは、
16年前の調査開始以来、初めてです。

「りんご病」はせきやくしゃみなどによって感染し、患者は小学校入学前後の子どもが多いという
ことですが、妊娠初期の女性が感染するとまれに流産することがあるということで、都はうがいや
手洗いなど予防の徹底を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150627/k10010129491000.html

続きを読む

Source: ニュースYeah